マネージャーの資質とは?理想像や成功するリーダーシップのための重要な要素

組織の中でリーダーシップを担うマネージャーには、特定の資質やスキルが求められます。優れたマネージャーは、単に指示を出すだけでなく、チームを効果的に導き、成果を上げるための能力を備えています。ここでは、成功するマネージャーに必要な資質について詳しく見ていきましょう。

マネジメントとは

マネジメントとは本来、「管理」「経営」などという意味を持ちます。

一般的にビジネスの世界でのマネジメントの意味は、著名な経営学者ドラッカーの定義による「組織に成果をあげさせるための道具・手段・機関」などという意味として捉えることが多いです。

【人事施策やマネジメントに必要な情報を1つに集約】
マネジメントツール「Co:TEAM」を使って、人事施策の情報を一元管理し、マネジメントや評価制度の運用を効率化!

全社&部門目標に紐づく個人目標を設定・管理
1on1の実施状況とスケジュールを可視化し、抜け漏れを防止
1on1のアジェンダをレコメンドし、対話の質を向上
雛形設定&スタンプ入力でコンディションを把握できる週報
日々の賞賛&フィードバックのコメントを蓄積し評価に活用
>>マネジメントツール「Co:TEAM」の詳細を確認する

マネージャーとは

マネージャーとは、組織・チームが成果を上げるために働きかけ責任を持つ人のことを指します。

具体的には、営業部長であれば自らが担当する組織の営業成績を上げるために部下に営業をさせ、その中で能力を発揮できるようサポートする、といった例が挙げられます。

マネージャーとリーダーの違い

よく似た言葉でリーダーというものがありますが、リーダーとマネージャーは似て非なる言葉です。

リーダーは先頭に立って進むべき道を示す人のことをさし、組織全体が進むべき方向性を先導する役目を持ちます。

マネージャーは前述の定義に加え、チームの業務成果を最適化するという役割を果たすのに対し、リーダーはメンバーの先頭に立って影響を与える役目であるところが大きく違います。

マネージャーの役割とは?

マネージャーの役割は、組織内でリーダーシップを発揮し、目標の達成とチームの成果を管理することです。マネージャーは組織や部署の中核となり、チームメンバーの指導やリソースの最適な活用を通じて効果的な業務遂行をサポートします。以下に、マネージャーの主な役割をいくつか挙げてみましょう。

1. 目標設定と計画立案

目標への段階的な分解: 目標を達成するために、具体的なアクションステップを考えましょう。目標を段階的なサブゴールに分解し、達成可能なステップに分けます。

1-1. リソースの確保

目標達成に必要なリソース(人員、予算、テクノロジーなど)を確保しましょう。リソース不足は計画の実行を阻害する原因となります。

1-2. 責任の明確化

各タスクやステップに責任を割り当て、担当者を明確にしましょう。誰が何を行うのかを定義することで、責任の逃れや混乱を防ぎます。

1-3. 時間軸の設定

アクションステップやタスクに対する期限を設定します。これにより、計画の進捗を追跡し、目標の期限を守ることができます。

1-4. モニタリングと評価の仕組み

進捗状況をモニタリングし、定期的に評価を行いましょう。計画が順調に進んでいるか、課題があるかを把握し、必要に応じて調整を行います。

1-5. コミュニケーションと協力

チームや関連者とのコミュニケーションを強化し、情報共有と協力を促進しましょう。協力は計画の成功に不可欠です。

1-6. 変更管理

状況が変化することはよくあります。計画に変更が必要な場合、柔軟に対応しましょう。変更が目標にどのように影響するかを評価し、調整を行います。

目標設定と計画立案は、成功を収めるための基盤を築く重要なプロセスです。適切に実行されると、明確な目標に向かって効率的に進むことができ、成果を最大化できます。

2. チームメンバーの指導とサポート

チームメンバーの指導とサポートは、とても重要です。リーダーはチームメンバーが成功するために必要なリソースとガイダンスを提供し、メンバーの能力や成長を支援する役割を果たします。これからチームメンバーの指導とサポートに関するポイントを紹介していきます。

2-1. 強みと弱みの評価

チームメンバーの強みと弱みを評価し、それに合わせたタスクと役割を割り当てます。スキルと興味を最大限に活用することがとても大切です。

2-2. モチベーションの維持

チームメンバーのモチベーションを高める方法を見つけ、興味や目標に合った仕事を提供します。成果に対する認知や報酬を提供し、ポジティブな励ましを行うことがモチベーションの維持から向上に繋がります。

2-3. ワークライフバランスの尊重

チームメンバーのワークライフバランスを尊重し、適切な休息とリラックスの機会を提供します。過度なストレスを軽減することで、モチベーションの上昇にも繋がります。過度なストレスがある場合に対しては、助言と支援を行います。

チームメンバーの指導とサポートは、リーダーシップにおいて欠かせない要素です。リーダーはチームメンバーの個別のニーズや特性を理解し、メンバーが最も効果的に仕事を遂行できるようにサポートし続けることが成功への鍵となります。

3. タスクとリソースの割り当て

タスクとリソースの割り当ては、プロジェクトや業務を効率的に実行し、成果を達成するために不可欠なステップです。適切に割り当てられたタスクとリソースは、プロジェクトの成功に繋がります。この見出しでは、タスクとリソースの割り当てに関するポイントを紹介します。

3-1. タスクの明確化と優先順位付け

最初にプロジェクトや業務の目標を明確にし、必要なタスクを詳細にリストアップします。

各タスクは具体的で実行可能なものであるべきです。次にタスクを重要度と緊急度に基づいて優先順位付けします。優先タスクに焦点を当てることが重要です。

3-2. リソースの特定とスキルや適性の考慮

プロジェクトや業務に必要なリソース(人材、資金、ツール、設備など)を特定します。

利用可能なリソースと不足しているリソースを明確にします。スキルや適性の考慮では、タスクに適したスキルと適性を持つ人材の選定やチームメンバーのスキルと経験を最大限に活用します。

3-3. タスクの割り当てとスケジューリング

タスクを適切な人に割り当て、実行のスケジュールを決定します。タスクの期限や締め切りを設定し、進捗をモニタリングします。

タスクとリソースの割り当ては、計画と実行の段階で慎重に行う必要があります。適切な割り当てはプロジェクトや業務の成功に不可欠であり、リソースの最適な活用とタスクの効果的な実行を実現します。

マネージャーの基本的な役割・仕事内容・ミッション

マネージャーの基本的な仕事内容・役割としては以下の5点が挙げられます。

  • チームやメンバーの進捗管理
  • 人員管理
  • 目標設定
  • メンバーの評価
  • メンバーの育成

また有事の際の責任、意思決定など日々の業務の他にメンバーやチームを代表した責任を持ちます。

著名な経営学者ドラッカーは社会の貢献もマネージャーの仕事だと述べています。

マネジメントスタイルの4つの種類

部下のスキルや意欲に合わせながら適切なマネジメントスタイルを取ることもマネージャーの役割です。

ブランチャードが示す4つのリーダシップスタイル、マネジメントスタイルは援助的行動と指示的行動の多少によって以下のように分けられます。

ブランチャートが示す4つのマネジメントスタイル。支援型、コチー型、委任型、指示型。

1. 委任型

1つめは、委任型です。

特徴としては、部下の仕事のスキル・意欲が高くマネージャーが部下に対し指示や援助行動はせず行動や意思決定を任せるという点が挙げられます。

2. 援助型

2つめは、援助型です。

特徴としては、部下の仕事のスキルはあるが意欲が低い場合に指示は減らし、援助的な行動を取るという点が挙げられます。

3. コーチ型

3つめは、コーチ型です。

特徴としては、部下の仕事のスキルは低いが意欲が高い場合に指示を出しながら援助的な行動を取るという点が挙げられます。

4. 指示型

4つめは、指示型です。

部下の仕事のスキル・意欲ともに低い場合に指示行動を行い、取り組みを細かく管理するという点が挙げられます。

理想のマネージャーになるために重要な7つの資質

マネジメントやマネージャーについて基本的な事項については以上に述べた通りですが、理想のマネージャーになるために重要な資質とは一体何なのでしょうか。

ここでは理想の優秀なマネージャーになるための条件として重要な5つの資質である能力やスキルについてご紹介していきます。

1. 業務を管理する能力

まず1つ目に業務を管理できる能力が挙げられます。

これはチームの目標を達成するためにメンバーに対して適切にタスクを分担して割り振ったり、指示を適切に出せる能力のことを指します。

この業務管理能力によってメンバー同士を調整しチーム目標を達成したり、プロジェクトチームを納期内・予算内に成功へと導いたりすることができます。

2. チームの戦略を考え、組織化する能力

2つ目にチームの戦略を論理的に考え、組織化できる能力が挙げられます。

これは効率よく目標を達成するためにどのように人員を割いてスケジューリングしていくかを考えられる能力のことです。

ここにおいては、適正な人材配置と意思決定をすることが大切になります。

具体的にはメンバーのスキルや経験によって適切なポジションを任せたり、チームとして目標達成ができるように短期・中期でマイルストーンを置いて戦略を立てたりすることが求められます。

この能力によってチームが組織として成果を出すことを意識でき、目標達成につながります。

3. コミュニケーション能力

3つ目に意思疎通が迅速にできるコミュニケーション能力が挙げられます。

意思疎通が迅速にできるコミュニケーション能力によってトラブルを未然に防いだり、チームの密な関係構築ができます。

また、働きやすい・言いたいことを言いやすい職場環境づくり、すなわち心理的安全性の高い職場環境づくりにも役立ちます。

さらに、マネージャーは他部署や経営層との連携も必要になります。自分の担当する部署内におけるコミュニケーション能力だけでなく、部署間でのコミュニケーション能力も重要なのです。

4. メンバーへの適切な評価・育成をする能力

4つ目にメンバーへの適切な評価と育成をする能力が挙げられます。

メンバーへの適正な評価と育成をする能力は、成果やプロセスに対してよかった点を褒め、改善点を示すことで部下の育成を行うことです。

部下に対して適切な評価をすることで部下のモチベーションを上げ、部下の成長につながります。

また、チームとして主体的な部下を増やすためにも評価と育成は欠かせないスキルとなります。

【評価設計未経験者向け】来期に間に合う!成果と満足度を両立させる評価制度と運用

5. 課題解決をしながら目標達成をする能力

最後に問題解決をしながら目標達成をする能力が求められます。

マネージャーの仕事の一つでもある、責任能力を果たすためチーム内の問題やステークホルダーとのトラブルなどに臨機応変に対応しながらチームの目標達成をする能力が必要です。

6. コーチングとフィードバック能力

コーチングとフィードバック能力は、リーダーシップとマネジメントにおいて非常に重要なスキルです。これらのスキルを持つことは、チームメンバーや従業員の成長とパフォーマンス向上をサポートし、組織全体の成功に影響します。コーチングとフィードバック能力の重要性とポイントを紹介します。

6-1. コーチング能力

コーチングは、個人の成長とスキル向上を促進するプロセスです。コーチングの目的は、個人が自己意識を高め、自己解決能力を向上させることです。コーチング能力の重要なことは、オープンな質問や目標設定、自己認識です。オープンで非指示的な質問を使い、個人の洞察を深め、問題解決の能力を高めたり、コーチと個人は共同で目標を設定し、進捗を追跡し、達成するための計画を立てることが重要です。

6-2. フィードバック能力

フィードバックは、個人またはチームのパフォーマンスを評価し、改善の機会を提供するためのコミュニケーションプロセスです。フィードバックを適切に提供し、受け入れる能力は次のような要素を含みます。

  • 具体的なフィードバック
  • 受け入れ可能な環境
  • バランスの取れたアプローチ
  • リスニングスキル

7. リーダーシップとモチベーション

リーダーシップとモチベーションは、組織やチームの成功において不可欠な要素であり、密接に関連しています。リーダーシップは従業員やチームのモチベーションを高め、共通の目標に向かって進むための指導力を提供します。

リーダーシップは組織やチームの方向性を決定し、目標を設定する役割を果たします。リーダーはビジョンを明確にし、メンバーをそのビジョンに向かわせる役割を担うことが大切です。

他にも、リーダーはメンバーと共に目標を設定し、それに向かって進むプロセスをサポートしたり、メンバーの成果を認識し、適切な報酬や認知を提供します。これはモチベーションを高める重要な要素になります。

リーダーシップとモチベーションは相互に補完し合う概念であり、共に組織やチームの成功に不可欠です。リーダーの役割は、メンバーのモチベーションを高め、共通の目標に向かって協力し、成果を達成するプロセスを促進することです。

マネジメントを改善する具体的な方法

マネジメントを改善するためには、具体的な方法を考慮することが重要です。これらの方法は、チームの効率性やパフォーマンスを向上させ、組織全体の成功に寄与することができます。

1. フィードバックの頻度と質の向上

マネージャーは定期的なフィードバックを提供し、チームメンバーの成果や成長に対する洞察を提供することが重要です。適切なフィードバックを提供するためには、具体的で建設的なコメントを用意し、成果を認めるだけでなく改善点を示すことも重要です。

2. デリゲーションと責任の委譲

マネージャーが全てのタスクや決定を引き受けることは効果的ではありません。適切なタスクを適切な人にデリゲートすることで、チームメンバーの成長を促進し、自己責任感を醸成します。

3. パフォーマンスのモニタリングと改善

マネージャーはチームメンバーのパフォーマンスを定期的にモニタリングし、成果を達成するための障害や課題を特定します。その上で、適切なサポートやトレーニングを提供し、パフォーマンスの向上をサポートします。

4. 自己成長と学習の奨励

マネージャー自身がリーダーシップスキルや業界の知識を向上させることは、チームにも影響を与えます。自己成長を奨励し、継続的な学習をサポートすることで、チームに新しいアイデアやスキルをもたらします。

これらの具体的な方法を組み合わせることで、マネジメントを改善し、チームのパフォーマンスと組織の成功を推進することができます。適切なアプローチを選び、継続的に努力を続けることが重要です。

優秀なマネージャーになるための心構え

ここでは、理想のマネージャー・優秀なマネージャーになるための心構えを3つほどご紹介いたします。

1. 長期的かつ大局的な視点を持つ

1つ目に長期で大局的な目線でいることが挙げられます。

部下の育成や新たな取り組みなどもすぐには効果・成果は出ないものだと認識する必要があります。

短期目標だけにとらわれずに長期的な視野を持つことが優秀なマネージャーになるために必要な心構えと言えます。

2. 部下・メンバーの自主性・自立性を尊重する

2点目に部下・メンバーの自主性・自立性を尊重することが大切です。

部下のやり方や決断につい口出ししてしまいそうになりますが、本人たちの仕事のモチベーションや意欲につながることになるのである程度はメンバーの自主性を尊重することが必要です。

そうすることで主体性のあるチームを作ることにもつながります。

3. 忘れずにフィードバックをする

3つ目に忘れずに部下に対して忘れずにフィードバックすることです。

フィードバックとは部下の行った過程や最終的な結果に対して具体的に指示・称賛・アドバイスをして次回の行動に繋げてもらうことを指します。

そうすることで部下の育成に繋がったり、モチベーション、エンゲージメントの向上につながり優秀なマネージャーとしてチームを牽引できます。

リモート下でも成果を上げるチームを作るマネジメント術

優秀なマネージャーになるための資質・スキル・心構えが分かったところで近年のリモート環境下でも同じくマネジメントをするためにはどうしたらいいのでしょうか。

最後にここではリモート下でも成果を上げるチームづくりのためのマネジメント施策についてご紹介します。

テレワーク・リモートワークでの業務を効率化するツール・アプリについては以下の記事をご覧ください。

1. 相互理解のワークショップを開く

リモート下では何気ないコミュニケーションを確保することが難しいですが、リモートの環境だからこそ普段テーマにならない相互理解のワークショップを開くことも一つの手です。

いい組織づくり・チームビルディングのためには相互理解のワークショップを開催することが有効的で、人生や仕事についての自分自身の価値観を共有しディスカッションするワークなどがあります。

ワークショップやチームビルディングの詳しいやり方や事例などはこちらをご覧ください。

2. 部下との1on1を高頻度で行う

また部下との1on1を高頻度で行うこともリモート環境下のマネジメントに有効です。

1on1などを頻繁に行うことによって部下のモチベーションの様子を見たり、仕事内容の不満を聞いたりメンバーの業務の改善につながります。

また、1on1を高頻度で行うことで、リモート下で失われた何気ない会話・コミュニケーション量を増やすこともできます。

【令和5年度完全保存版】1on1定着マニュアル

結果として一人での作業量が多いリモート下でも部下自身が1on1でのフィードバックをもとに自らPDCAを回せるようになり、理想のマネジメントが実現できるのです。

まとめ

本記事では理想のマネージャー像に近づくための資質やスキル、心構えをご紹介してまいりました。

チームやメンバーの成長を考えながら成果を残し正しいマネジメントをするスキルは一朝一夕には得ることはできませんが、本記事を参考にしていただけたら幸いです。


株式会社O:では、パフォーマンスマネジメントを基盤とした1on1ツールであるCo:TEAM(コチーム)を提供しています。サービスの1つとして、コチームを使用した管理職向けのマネジメント研修も行っております。管理職の育成にお困りの方はぜひご相談ください。コチームの資料もご用意しておりますので、ぜひ合わせてご覧ください。

お役立ち情報

  • 人事制度(評価・等級・報酬 ) の入門マニュアル
    人事制度(評価・等級・報酬 ) の入門マニュアル
    「人事制度(評価・等級・報酬 ) の入門マニュアル」と題して、制度策定から運用までお役に立てるような資料を作成しました。
  • 【100P超のマネージャー研修資料を大公開!】マネジメントと1on1って何ですか?
    【100P超のマネージャー研修資料を大公開!】マネジメントと1on1って何ですか?
    「これさえ実践すれば間違いないという具体的なHOW」に焦点をあてて、マネジメントや1on1を実践できる内容となっています。
  • ソーシャルスタイルに基づくパーソナライズド1on1の実践
    ソーシャルスタイルに基づくパーソナライズド1on1の実践
    部下がいる方や職場で1on1を実施されている方、コミュニケーションに悩まれている方はぜひご覧ください。

コチームの導入に関して

  • お問い合わせ
    お問い合わせ
    コチームについて不明点などございましたらご気軽にお問い合わせください。
  • お見積もり
    お見積もり
    コチームを導入するために必要な費用感を見積もれます。
  • トライアル
    トライアル
    ご気軽にトライアルでコチームを利用できます。