【50選】効果的な1on1ミーティングを実施するための質問項目とコミュニケーション例

391
【50選】効果的な1on1ミーティングを実施するための質問項目とコミュニケーション例

日本企業での1on1ミーティングの導入が進んでおり、人事施策として有名になりつつあります。そして、1on1ミーティングが浸透することで、企業は持続的な成長を期待することができます。しかし、効果的な1on1ミーティングを実施するために上司は適切な質問やコミュニケーションを実施する必要があります。ただ、適切なコミュニケーションを実施することは容易ではなく、従来の人事評価面談のようなコミュニケーションをしてしまうことも多いでしょう。

そのため、本記事では、1on1ミーティングを実施するための質問すべきテーマコミュニケーションの目的について説明し、質問例について紹介します。


「1on1」って実際にどうすればいいの?
1on1を実施しているが、目に見える成果が出ていない
メンバーのモチベーション・パフォーマンスが低い
1on1によって離職を減らしたい
こんな悩みを持つ方必見の1on1を効果的に行うための資料

>>「メンバーの成長・マネジメントを最適化させるプロが実践する1on1パーフェクトガイド」はこちらから無料ダウンロード!

1on1ミーティングとは?

1on1ミーティングとは「上司と部下の1対1で行う定期的な面談(ミーティング)」のことです。

アメリカのシリコンバレーで人材育成を目的として確立された手法で、定期的に上司と部下の1対1で行われる対話を指します。日本でもヤフー株式会社などが取り入れたことから注目を集め始め、2020年には、規模に関わらず約4割の企業が導入しています。

1on1ミーティングの目的は部下の育成、成長支援やエンゲージメント向上にあります。そのため、これまでのような人事評価の面談や進捗管理をするだけの面談とは異なり、部下の成長が重要な点になります。1on1ミーティングは部下の成長を促進させることが重要になります。

1on1ミーティングのメリット

企業は1on1ミーティングを効果的に行うことによって、持続的な成長につながるメリットを享受することができます。この項では1on1ミーティングを行うことで、得られるメリットを3つ紹介します。

  • 部下の成長
  • 信頼関係の構築
  • 経営理念を浸透しやすくなる

部下の成長

1on1ミーティングのメリットの1つ目は、「部下の成長」です。1on1ミーティングを効果的に行うことで、部下の成長に効率的に寄与することができます。これは1on1ミーティングで部下の課題や目標管理を行うことで、学びや改善の機会を提供する事に繋がるからです。そのため、これまでのような人事評価の面談や進捗管理をするだけの面談とは異なり、部下の成長を重視した面談を行うことが重要です。

信頼関係の構築

1on1ミーティングのメリットの2つ目は、「信頼関係の構築」です。従来の人事評価面談と異なり、1on1ミーティングは仕事の進捗だけではなく、仕事での困り事やキャリアの話、時にはプライベートの話も行います。深い話を行うことで、上司と部下の心理的距離が近づきやすくなるといった効果を見込め、信頼関係を構築に繋がるでしょう。信頼関係の構築が上手くいくと、普段の業務でもトップダウン的に物事を判断することが可能になり、業務を効率的に行うことができるようになります。

経営理念を浸透しやすくなる

1on1ミーティングのメリットの3つ目は、「経営理念を浸透させやすくなる」ことです。1on1ミーティングの際に、経営理念を踏まえたコミュニケーションを意識しておけば、部下の行動軸に経営理念を落とし込むことができます。経営理念を浸透させると、チーム全体の方向性が定まること従業員のエンゲージメントが向上する等のメリットが考えられるでしょう。そのため、1on1ミーティングで経営理念を浸透させることが、企業の持続的な成長に繋がります。

1on1ミーティングを実施する流れ

効果的な1on1ミーティングの実施するためには、1on1ミーティングの流れを理解することが重要です。効果的な1on1ミーティングは実施の流れは下記のステップを意識しましょう。

ここからは、各STEPを詳細に説明します。

1on1STEP1234

【STEP1】 事前共有

1on1ミーティングのステップの1つ目は、「事前共有」です。この事前共有は1on1ミーティングを実施する前に行うステップです。

事前共有のステップでは、1on1ミーティングの日時や目的などの実施する際に必要な内容を共有することを行うステップです。事前に1on1ミーティングで話し合う内容を決めておけば、実際に1on1ミーティングの際に雑談だけしかできないようなことは無くなります。

また、事前に話し合う内容を決めておけば、部下側、上司側も事前に準備をすることができます。そのため、1on1ミーティングの効果を最大化するためにも事前共有はしっかりとしましょう。

【STEP2】 ヒアリング

1on1ミーティングのステップの2つ目は、「ヒアリング」です。このヒアリングは1on1ミーティングの序盤に行うステップです。

ヒアリングのステップでは、事前共有の内容や部下が困っている内容について質問するステップです。このステップの目的は部下が話したい事を上司がしっかりと認識することにあります。部下の話したい事や課題を認識する事が部下の1on1ミーティングの満足度を高める上で非常に重要です。

【STEP3】 コミュニケーション

1on1ミーティングのステップの3つ目は、「コミュニケーション」です。このヒアリングは1on1ミーティングのヒアリングの後に行うステップです。

コミュニケーションのステップでは、ヒアリングの内容を受けて、上司が質問に答えたり、相談にのったりするステップです。このステップの目的は部下が話したい事に対して、上司が真摯に対応することにあります。時として、部下の話したい事や課題に上司が力になれないこともあるでしょう。このような状況になっても、誤魔化したりせずに真摯に自分のできる限りのことを行いましょう。適切なアドバイスができなくても、部下も上司が真摯に対応してくれると、心情的にも1on1ミーティングに満足できるでしょう。

【STEP4】 まとめ

1on1ミーティングのステップの4つ目は、「まとめ」です。このまとめは1on1ミーティングのヒアリングの最後に行うステップです。

まとめのステップでは、1on1ミーティングの内容を総括します。このステップの目的は、1on1ミーティングを総括し、部下に現状を理解させることです。1on1ミーティングの最後にまとめを行うことで、1on1ミーティングで話し合っていたことを振り返ることができるでしょう。そのため、1on1ミーティングでまとめのステップをしっかりと行うことが重要です。

1on1ミーティングで話すべきこと

1on1ミーティングの目的は部下の成長のためであると説明しました。実際に部下の成長のために1on1ミーティングを導入しようと思っても実際どのようなことを話せばよいのかわからないこともあると思います。なぜなら、1on1ミーティングは従来の人事評価面談と違い、目標や評価のような仕事に関する話だけでなく、キャリア支援や健康状態についてのテーマなど、話す内容は多岐にわたるからです。そんな多岐に渡る1on1で話すべきテーマですが、特に話すべきテーマを7つ紹介します。

  1. 仕事の進捗や課題
  2. キャリア
  3. 目標管理
  4. モチベーション
  5. 健康状態
  6. 経営理念
  7. プライベート

1on1で話すべきテーマ」について詳しくはコチラの記事をご覧ください!

1on1完全マニュアル

プロが実践する1on1ミーティングとは?
1on1ミーティングが運用・定着すると、人を起点としたビジネスの成長・価値提供・エンゲージメント向上につなげることができます。
しかし、1on1を定着させることは簡単ではなく、形骸化させないようにするのは非常に難しいです。「メンバーの成長・マネジメントを最適化させるプロが実践する1on1パーフェクトガイド」では、形骸化を防ぎ、1on1の効果を最大化にするための方法を詳しく解説しています。

この資料で分かること
1on1は何のためにやるのか
1on1の効果的な定着や運用方法
1on1のフレームワーク
1on1の承認とフィードバックにいける効果的な声かけ

「メンバーの成長・マネジメントを最適化させるプロが実践する1on1パーフェクトガイド」のダウンロードはこちらから

【テーマ別】1on1ミーティングを実践するための質問項目 50選

1on1ミーティングで実践すべきテーマを7つ紹介しました。しかし、実践すべきテーマが分かっても、効果的な1on1ミーティングを実践するためには適切な質問をするのは非常に難しいです。そのため、本項では、効果的な1on1ミーティングを実践するためにテーマ別で質問例を紹介します。

仕事の進捗や課題

1on1で話すべきテーマの1つ目は、「仕事の進捗や課題」です。部下の成長を促進させるためには、現在部下の進捗状況や直面している課題について聞くべきです。進捗状況に関しては、順調に進んでいる場合は、褒めることと同時に、その部下が持っている現場の知識や経験について聞いてみるのもよいでしょう。

具体的な声かけ

1. 仕事の進捗は自分の想定通りに進めることができていますか?
質問の意図)部下の仕事の進み具合を把握することが狙いです。また、仕事の進捗を妨げる要因を把握することもあります。

2. 今どのような仕事をしているのですか?
質問の意図)現在の仕事内容を把握することが狙いです。また、上司側が部下の仕事内容を把握していたとしても、認識の相違が無いのかを確認することも目的の1つです。

3. 今、具体的にどのようなペースで仕事をしているのですか?
質問の意図)現在の仕事のペースを把握することが狙いです。

4. 今の業務で何か困っていることはありますか?
質問の意図)部下が認識している課題について把握することが狙いです。

5. これまでの業務はどのように進めていたのですか?
質問の意図)部下の業務の進め方について把握することが狙いです。

6. 業務の中で難しいなと感じたり、時間がかかるなっていう業務はありますか?
質問の意図)部下が認識できていない課題や労力がかかることについて把握することが狙いです。。

7. 今の業務の中でもっとこうしたいなどの改善したい点ってありますか?
質問の意図)部下が考えている仕事を改善したいと思っている点について把握することが狙いです。

8. チームでここを変えたいと思っている点はありますか?
質問の意図)上司が気がついていないチームの不満点を把握することが狙いです。

9. 今のチームの良い点と悪い点って何だと思いますか?
質問の意図)部下がチームについてどのように考えているのかを把握することが狙いです。

10. 仕事で関係している人との関係はどうなの?
質問の意図)部下が仕事で関係している人との関係性について把握することが狙いです。

キャリア

1on1で話すべきテーマの2つ目は、「キャリア」です。1on1ミーティングの主要な目的は部下の成長です。部下の成長のためには、部下が今後どのようなキャリアに進みたいかを予め知っておく必要があります。

具体的な声かけ

11. どのようなキャリアルートを進みたいと考えていますか?
質問の意図)部下が進みたいキャリアルートについて把握することが狙いです。

12. 今後やってみたい領域や仕事はありますか?
13. あったらいいなと思う仕事や部署はありますか?
質問の意図)部下が希望している仕事について把握することが狙いです。

14. 1年後、5年後、10年後にやってみたい仕事はありますか?
質問の意図)具体的な部下の将来像について把握することが狙いです。

15. やりがいを感じるのはどんな仕事ですか?
質問の意図)部下のキャリアを決定する際の判断の材料について把握することが狙いです。

目標管理

1on1ミーティングで話すべきテーマの3つ目は、「目標管理」です。1on1ミーティングの主要な目的は部下の成長です。部下の成長のためには、上司側はしっかりと目標管理をしなくてはいけません。そのため、目標管理は1on1ミーティングのテーマとして扱うべきです。

具体的な声かけ

16. 今後の目標設定はどうしたいですか?
質問の意図)部下の目標設定を促すことが狙いです。

17. 目標達成の進捗状況はどうですか?
質問の意図)目標達成の進捗を把握することが狙いです。

18. 目標達成に向けて、この1ヶ月で取り組んだことはありますか?
質問の意図)部下が目標達成に向けての行動について把握することが狙いです。

19. 目標達成できなかった要因と改善点って何だと思いますか?
質問の意図)目標達成に向けて改善策を考えさせることです。

20. 今後、成長させたい自分の能力開発のテーマって何ですか?
質問の意図)部下の望む能力開発テーマについて把握することが狙いです。

21. 今月はどのようなことを学んでいきたいと思いますか?
質問の意図)部下の学びを促進させることが狙いです。

22. 自分の強みは何だと思いますか?
質問の意図)自分の強みを把握してもらい、目標設定の参考にすることが狙いです。

23. 自分の弱みは何だと思いますか?
質問の意図)自分の弱みを把握してもらい、目標設定の参考にすることが狙いです。

24. 目標達成に向けて、困っていることはありますか?
質問の意図)部下の目標達成を支援することが狙いです。

25. 目標達成に向けて、手伝ってほしいことはありますか?
質問の意図)目標達成を支援することが目的です。

モチベーション

1on1で話すべきテーマの4つ目は、「モチベーション」です。1on1ミーティングはエンゲージメントと密接な関係があります。そして、モチベーションに関してのテーマは、上司と部下の信頼関係を構築する上で非常に重要な質問となります。
また、「モチベーションを上げる要因」と「モチベーションを下がる要因」を把握する声かけが大切です。

具体的な声かけ

【モチベーションを上げる要因を把握する声かけ】

26. どんな仕事をしている時が楽しいですか?
27. 最近の仕事の中で、モチベーションが上がったなと感じる業務はありますか?
質問の意図)モチベーションが上がる仕事について把握することが狙いです。

28. これならやってもいいなって思う仕事はないですか?
質問の意図)任してもよいと思う仕事について把握することが狙いです。

29. モチベーションが上がる要因は何だと思いますか?
質問の意図)モチベーションが上がる要因について把握することが狙いです。

30. 最近、上手くいったなと思う仕事ってありますか?
質問の意図)部下のモチベーションを上げることが狙いです。

【モチベーションを下げる要因を把握する声かけ】

31. どんな仕事をしている時が辛いですか?
32. これは絶対にやりたくないって思う仕事はないですか?
質問の意図)モチベーションが下がる仕事について把握することが狙いです。

33. 最近の仕事の中で、自信が無い業務ってありますか?
質問の意図)自信の無い業務を把握することが狙いです。

健康状態

1on1で話すべきテーマの5つ目は、「健康状態」です。健康状態は、モチベーションや離職に関わり、業務にも直接影響する重要なテーマです。そのため、健康状態に関するテーマは肉体的な側面のみならず、精神的な側面の2つの面で確認すべきでしょう。

具体的な声かけ

34. 体調面やメンタル面に問題は無いですか?
質問の意図)部下の体調やメンタルについて把握することが狙いです。

35. 体調やメンタル面でいつもと違うなって感じていることは無いですか?
質問の意図)部下が気がついてない体調やストレスについて把握することが狙いです。

36. 業務外では休息や十分な睡眠時間を取れていますか?
質問の意図)部下がちゃんと休めているのかを把握することが狙いです。

37. ストレスを感じる場面はありますか?
質問の意図)部下のストレスを感じる要因を把握することが狙いです。

38. 仕事で困ったことなどを身近な人と相談できていますか?
質問の意図)部下にちゃんと相談相手がいるのかを把握することが狙いです。

39. ストレス発散はちゃんとできていますか?
質問の意図)ストレスをちゃんと発散できているかを確認することが狙いです

40. 人間関係で何か困ったことはないですか?
質問の意図)部下が人間関係で困ったことはないかと確認することが狙いです。

経営理念

1on1で話すべきテーマの6つ目は、「経営理念」です。経営理念が浸透することで、チームに一体感が生まれ、エンゲージメント向上や、成績向上の効果が期待できます。そのため、上司は部下に経営理念が浸透できるような声かけをできる限りすべきでしょう。

具体的な声かけ

41. 経営理念についてどう思いますか?
質問の意図)部下の経営理念についての考えを把握することが狙いです。

42. 業務の中で経営理念を体現することはできそうですか?
43. 経営理念を体現するためには、何を変えればよいと思いますか?
質問の意図)業務の中で経営理念を体現する方法を考えてもらうことが狙いです。

44. 上層部の決定についてどう思いますか?
質問の意図)上層部の決定についての考えを聞くことが狙いです。

45. 経営理念と照らし合わせたときに、自分の行動は適切だったと思いますか?
質問の意図)経営理念と照らし合わせた行動ができているかを考えてもうらことが狙いです。

プライベート

1on1で話すべきテーマの7つ目は、「プライベート」です。プライベートに関するテーマは、上司と部下の信頼関係を構築するきっかけになったり、緊張しがちな1on1ミーティングのアイスブレイク的な側面も持ちます。そのため、1on1ミーティングでプライベートの話をするときは節度を持って、相手との関係性を意識しながら話をするようにしましょう。

具体的な声かけ

46. 趣味は何ですか?

47. 休日はどんなことをして過ごしていますか?

48. 最近ハマっていることは何ですか?

49. 最近楽しかったことは何ですか?

50. 好きなことは何ですか?

質問の意図)アイスブレイクや上司と部下との関わり合い方を考えるきっかけにすることが狙いです。

1on1ミーティングの質問の具体例

この項では、1on1ミーティングの実施する流れを踏まえて、1on1ミーティングの具体例について紹介します。

【STEP1】 事前共有

事前共有のステップでは、1on1ミーティングを実施する前に、1on1ミーティングの日時や目的などの実施する際に必要な内容を共有することを行うステップです。

そのため、事前共有のステップでは1on1ミーティングの実施する前に確認すべき内容を質問をすべきです。

お仕事お疲れ様。今週か来週あたりに仕事で困っている点や目標達成度に関する1on1ミーティングを実施しようと考えているのだけど、都合の良い時間帯とかありますか?

【STEP2】 ヒアリング

ヒアリングのステップでは、事前共有の内容や部下が困っている内容について質問するステップです。

そのため、ヒアリングのステップでは1on1ミーティングで話し合いたい内容を部下に話してもらうような質問をすべきです。ただ、ヒアリングのステップでは、部下が話しやすい雰囲気を作ることも大切です。そのため、部下が緊張している素振りが見えたならアイスブレイクの質問をしましょう。

今回の1on1ミーティングでは仕事で困っている点について話し合いたいって考えているんだけど、最近の仕事の進捗は自分の想定通りに進めることができていますか?

お疲れ様です。今回の1on1ミーティングでは仕事で困っている点について話し合いたいって考えているんだけど、その前に最近自分の時間は持ててる?趣味とかでストレス発散できてる?

【STEP3】 コミュニケーション

コミュニケーションのステップでは、ヒアリングの内容を受けて、上司が質問に答えたり、相談にのったりするステップです。

そのため、コミュニケーションのステップではヒアリングのステップで聞いた内容を深堀り、部下のためになる時間を作ることが重要です。そのため、このステップでは部下が話したい事に対して、上司が真摯に対応しましょう。

最近の仕事の進捗は自分の想定よりも遅くなっているという話しだったけど、何が原因だと思いますか?そして、どうすれば時間の短縮ができると思いますか?

今回の目標達成はできているっていう話で素晴らしいね!今後は新しくどんな目標を設定しようか?今後、成長させたい自分の能力開発のテーマとかってある?

【STEP4】 まとめ

まとめのステップでは、1on1ミーティングの内容を総括します。

そのため、1on1ミーティングを総括し、部下に現状を理解させる声かけをしましょう。

今回の1on1ミーティングでは仕事の進捗の進め方について話し合いましたね。最近の仕事の進捗が遅れている原因はタスクの処理が追いついてないことが原因で、この改善策として、今後はタスクの優先度を決めるようにして、仕事の効率化を進めていくっていう話し合いをしたね。次回の1on1ミーティングでは、今回話した内容を実践してみての話し合いをしたいから、ちゃんと実践してみてね。今日はよい時間でした!お疲れ様!

効果的な1on1を実践するならCo:TEAM(コチーム)

5分でわかるコチーム紹介資料

コチームは、マネジメントの最先端「パフォーマンスマネジメント」を支援する国内初のマネジメントツールです。
MBOやOKR等の目標管理賞賛・承認や1on1等を通じたフィードバック360度評価にも対応する人事評価を一元管理できます。

パフォーマンスマネジメントとは、米国TOP500の世界的企業約30%が採用する、メンバーのパフォーマンスを高めるため、一人ひとりの持つ能力やスキル、モチベーションを引き出すと同時に、上司が効果的なフィードバックを行い、目標達成を目指すマネジメント手法です。

パフォーマンスマネジメントの平均的な効果

パフォーマンスマネジメントを実践することにより、上記のような効果が期待できます。

また、コチームには「1on1で話すべき内容を提示するアジェンダ」を設定する機能があり、誰でも簡単に効果的な1on1を実現できます!

まとめ

本記事では、1on1ミーティングで話すべきテーマを説明しました。特に1on1ミーティングで話すべき7つのテーマでの質問項目とコミュニケーション例について説明しました。1on1ミーティングを効果的に行うことができれば、企業には多くのメリットがありますので、これらの話すべきテーマを活用し、よりよい1on1ミーティングを実施してみてください。