1on1ミーティングとは?目的・意味・背景・効果・メリット・方法・話す内容について徹底解説!

5847
1on1ミーティングとは?目的・意味・背景・効果・メリット・方法・話す内容について徹底解説!

国内では1on1ミーティングの導入が進んでおり、人事施策として有名になりつつあります。しかし、目的や意味、効果・メリットなどの1on1ミーティングに関する知識を十分に持ちながら、1on1ミーティングを実施できている人は少ないのではないでしょうか。

1on1ミーティングの知識が不足している状況では、1on1ミーティングの効果を最大限発揮することは難しく、効果的に行うことはできません。

そのため、本記事では1on1ミーティングに関する知識を総合的に説明することを目的とし、目的・意味・背景・効果・メリット・方法・話す内容について徹底解説致します。

1on1パーフェクトガイド横長バナー画像ver1

1on1ミーティングとは?

1on1ミーティングとは「上司と部下の1対1で行う定期的な面談(ミーティング)」のことです。

アメリカのシリコンバレーで人材育成を目的として確立された手法で、定期的に上司と部下の1対1で行われる対話を指します。日本でもヤフー株式会社などが取り入れたことから注目を集め始め、2020年には、規模に関わらず約4割の企業が導入しています。

1on1ミーティングの目的・意味

1on1ミーティングの目的・意味は、部下の育成、成長支援やエンゲージメント向上にあります。そのため、これまでのような人事評価の面談や進捗管理をするだけの面談とは異なり、部下の成長を目的とした面談です。

また、より詳細に1on1ミーティングと従来の人事評価面談の違いを知りたい方は下記のリンクから別記事も参考にして見てください。

1on1ミーティングが注目されている背景

このように、多くの企業から注目されている1on1ですが、注目されている背景には以下の3点があります。

  •  予測不能なVUCA時代
  •  人材の減少と流動化
  • 多岐にわたるロールモデルの存在

予測不能なVUCA時代

1つ目の背景は、「予測不能なVUCA時代」です。現代の社会やビジネス界は、変化のスピードが速く予測不能であるVUCAの時代だと言われています。

  • V(Volatility):変動性
  • U(Uncertainty):不確実性
  • C(Complexity):複雑性
  • A(Ambiguity):曖昧性

この頭文字をとってVUCA時代と呼びます。そんなVUCA時代の中で、企業は生き残る必要があります。そして、今後も時代は更に混迷を強くしていくと考えられ、想定外な場面に遭遇する可能性が高まっていくでしょう。そのような事業環境で、企業自体が柔軟で変化に強くなることが求められています。そして、変化に柔軟に対応するための手段として1on1ミーティングが期待されています。

人材の減少と流動化

2つ目の背景は、「人材の減少と流動化」です。日本では29歳以下の若者の人口は、昭和50年以降一貫して減少しており、働ける人材が年々減少しています。さらに、終身雇用制度に縛られず自身のキャリアに合わせて転職することも当たり前の時代になりました。これにより、企業にとって、流動的になった人材をいかに会社へ定着させるかが重要な課題となりました。そしてこの会社への定着率を高めるための手段として、1on1ミーティングが期待されています。

多岐にわたるロールモデルの存在

3つ目の背景は、「多岐にわたるロールモデルの存在」です。変化が激しく多様性を重要視する現代社会において、分かりやすく明確なロールモデルというものは存在しません。このVUCA時代では、会社にとっても「理想的な人材」が固定されておらず、多様化しています。さらに時代に即して必要スキルもどんどん変化しており、人材育成手法もそれに応じて柔軟に対応していく必要性が生まれました。1on1ミーティングでは、多様な人材を育てることが可能になるため、次代の必要性と合い、導入が進みました。

1on1ミーティングを実施する効果・メリット

1on1ミーティングを実施することによって、部下と上司にどのようなメリットがあるのでしょうか。本項では、1on1ミーティングのメリットについて説明します。

部下の成長

1on1ミーティングのメリットの1つ目は、「部下の成長」です。1on1ミーティングを効果的に行うことで、部下の成長に効率的に寄与することができます。これは1on1ミーティングで部下の課題や目標管理を行うことで、学びや改善の機会を提供する事に繋がるからです。そのため、これまでのような人事評価の面談や進捗管理をするだけの面談とは異なり、部下の成長を重視した面談を行うことが重要です。

従業員エンゲージメントの向上

1on1ミーティングのメリットの2つ目は、「従業員エンゲージメントの向上」です。1on1ミーティングを実施することで、上司と部下の相互的なコミュニケーションをする機会が増えます。その結果、相互理解が進むことで、相談しやすい環境・発言しやすい空気を形成することが可能になり、従業員エンゲージメントの向上につながります。

加えて、エンゲージメント向上は、企業全体の売り上げや収益性・生産性の向上の実現に繋がります。なぜなら、エンゲージメントが向上することによって、会社に帰属している意識が増し、企業は一つの方向に向かい、組織全体として一体感を醸成することができるからです。

信頼関係の構築

1on1ミーティングのメリットの3つ目は、「信頼関係の構築」です。従来の人事評価面談と異なり、1on1ミーティングは仕事の進捗だけではなく、仕事での困り事やキャリアの話、時にはプライベートの話も行います。深い話を行うことで、上司と部下の心理的距離が近づきやすくなるといった効果を見込め、信頼関係を構築に繋がるでしょう。信頼関係の構築が上手くいくと、普段の業務でもトップダウン的に物事を判断することが可能になり、業務を効率的に行うことができるようになります。

経営理念を浸透しやすくなる

1on1ミーティングのメリットの4つ目は、「経営理念を浸透させやすくなる」ことです。1on1ミーティングの際に、経営理念を踏まえたコミュニケーションを意識しておけば、部下の行動軸に経営理念を落とし込むことができます。経営理念を浸透させると、チーム全体の方向性が定まることや従業員のエンゲージメントが向上する等のメリットが考えられるでしょう。そのため、1on1ミーティングで経営理念を浸透させることが、企業の持続的な成長に繋がります。


●理念浸透によって組織のエンゲージメントを高めたい
●理念浸透にあたって効果的な施策がわからない
1on1を理念浸透の手段として活用したい
こんな方におすすめ!
社員のエンゲージメントが低い会社でも理念浸透を成功させるための無料資料

>>『「あきらめ組織」の理念浸透〜「王女奪還」につなげる1on1〜』はこちらから無料ダウンロード!

離職率の低下

1on1ミーティングのメリットの5つ目は、「離職率の低下」です。1on1ミーティングを通して、上司が部下一人ひとりと関係を築けることで、部下自身も「ちゃんと自分を見てもらえている」という承認欲求を満たすことが可能です。1on1で上司と部下の相互理解が進むことにより、職場の心理的安全性が向上し、発言しやすく働きやすい職場環境の形成に繋がります。


これを読めば離職防止施策がすぐ実行できる!

50 社以上の組織課題解決に伴走してきた弊社の知見をもとに作成した全110Pにわたる「コンサルに頼らない離職防止パーフェクトガイド」はこちらから無料ダウンロード!

1on1ミーティングの問題点・デメリットとその改善策

1on1ミーティングはメリットもある反面、デメリットもあります。この項では1on1ミーティングのデメリットを3つ説明します。そして、その改善策を説明します。

現場の負担が大きい

1on1ミーティングのデメリットの1つ目は、「現場の負担が大きい」ことです。1on1ミーティングを効果的に実施することができれば、様々なメリットを享受することができます。しかし、1on1ミーティングのメリットを最大限発揮するためには、1on1ミーティングを高頻度で行うことが肝心です。しかし、高頻度で1on1ミーティングを行なえば行うほど、現場の負担が大きくなることに繋がります。その結果、通常の業務の進行に問題が生じてしまうといった問題がおきてしまうでしょう。

そのため、この改善策としては、1on1に対応したツールを利用したり、または会社全体で一律のテンプレートを使用するなどが挙げられます。後項でも1on1ミーティングの進め方やプロが実践する1on1ミーティングの方法について説明しているので、ぜひテンプレートとして利用してみてください。

形骸化しやすい

1on1ミーティングのデメリットの2つ目は、「形骸化しやすい」ことです。株式会社ビジネスコーチ株式会社の調査によると、約39.9%の企業が形骸化を問題視しており、50.9%の企業が習慣化・定着化をするための仕組みづくりを課題として設定しています。

1on1ミーティングでは、お互いに何を話していいかわからなかったり、事前準備が行われていなかったりすることで、「ただなんとなく実施しているミーティング」になり、形骸化してしまう恐れがあります。何のために行っているのか理解していない、周知されていないまま実施されていると、1on1ミーティングの効力が発揮されません。さらに上司がわかっていても、部下が1on1の意義や活用方法を理解できていない可能性もあります。

そのため、改善策としては、上司と部下それぞれが、1on1ミーティングを行う目的やその効果を認識し、事前に話す内容についての準備を行うことが挙げられます。後項でも1on1ミーティングの進め方やプロが実践する1on1ミーティングで話すべき内容について説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。


●会社内で1on1を定着したい
●効果的に1on1を実施できるようにしたい
会社内で1on1がどれくらい定着しているのを確認したい
こんな方におすすめ!
1on1が定着していない低い会社でも1on1を成功させるための無料資料

>>『【完全保存版】1on1定着マニュアル with チェックリスト』はこちらから無料ダウンロード!

上司にスキルが求められる

1on1ミーティングのデメリットの3つ目は、「上司にスキルが求められる」ことです。1on1ミーティングを効果的に実施するために、上司は部下の本音や部下自身も気がついていないような内容にもヒアリングすることが重要です。そのため、上司は本音を引き出すような声かけや話しやすい雰囲気をつくるような1on1ミーティングスキルが求められます。

この改善策については、上司が1on1ミーティングのスキルを獲得することが挙げられます。詳細なスキルの獲得方法は、後項の「1on1ミーティングに関するスキルを磨くためには?」で説明しているので、参考にしてみてください。

また、より詳細に1on1ミーティングで意味のあるものする方法を知りたい方は下記のリンクから別記事も参考にして見てください。

1on1パーフェクトガイド

プロが実践する1on1ミーティングとは?
1on1ミーティングが運用・定着すると、人を起点としたビジネスの成長・価値提供・エンゲージメント向上につなげることができます。しかし、1on1を定着させることは簡単ではなく、形骸化させないようにするのは非常に難しいです。
この「メンバーの成長・マネジメントを最適化させるプロが実践する1on1パーフェクトガイド」では、形骸化を防ぎ、1on1の効果を最大化にするための方法を詳しく解説しています。

また、この資料では、本記事で説明した1on1ミーティングで必要なスキルである「コーチング」・「フィードバック」・「ティーチング」についてより詳細に記載してあります。特に実践する際に役に立つようなフレームワークやポイントについて説明してあります。

この資料で分かること
●1on1は何のためにやるのか
●1on1の効果的な定着や運用方法
●1on1のフレームワーク
●1on1の承認とフィードバックにいける効果的な声かけ

「メンバーの成長・マネジメントを最適化させるプロが実践する1on1パーフェクトガイド」のダウンロードはこちらから

1on1ミーティングで話すこと

実際に部下の成長のために1on1ミーティングを導入しようと思っても実際どのようなことを話せばよいのかわからないこともあると思います。本項では、そんな方々に向けて1on1で話すべきテーマの代表例として3つのテーマを紹介します。

仕事の進捗や課題

1on1ミーティングで話すべきテーマの1つ目は、「仕事の進捗や課題」です。部下の成長を促進させるためには、現在部下の進捗状況や直面している課題について聞くべきです。進捗状況に関しては、順調に進んでいる場合は、褒めることと同時に、その部下が持っている現場の知識や経験について聞いてみるのもよいでしょう。現場の知識や経験について吸い出すことができれば、現場のノウハウの顕在化にもつながり、チーム全体の成績の向上にもつながります。

最後に、おすすめの声掛け方法を説明します。

  • 現在の業務の進捗でどんな感じ?
  • 業務が進まなくて困っていることはないですか?
  • 現在の業務で何か困っていることはないですか?

モチベーション

1on1ミーティングで話すべきテーマの2つ目は、「モチベーション」です。1on1ミーティングの主要な目的は部下の成長ですが、1on1ミーティングの目的の1つには、部下のエンゲージメント向上があります。そして、モチベーションはエンゲージメントと密接な関係があります。そして、モチベーションに関してのテーマは、上司と部下の信頼関係を構築する上で非常に重要な質問となります。信頼関係が構築できると、円滑なコミュニケーションや問題発生時の早期解決などと期待できるメリットが多いです。そのため、モチベーションに関するテーマも1on1ミーティングで扱うべきテーマです。

最後に、おすすめの声掛け方法を説明します。

  • どんな仕事をしている時が楽しいですか?
  • 最近の仕事の中で、モチベーションが上がったなと感じる業務はありますか?
  • どんな仕事をしている時が辛いですか?
  • 最近の仕事の中で、自信が無い業務ってありますか?
  • これは絶対にやりたくないって思う仕事はありますか?

プライベート

1on1ミーティングで話すべきテーマの3つ目は、「プライベート」です。プライベートに関するテーマは直接的に部下の成長に繋がらないかもしれません。また、プライベートの面の話は踏み込みすぎると本当に話したい話をする時間が減ってしまったり、問題が起きてしまうことも考えられます。しかし、プライベートの話は、上司と部下の信頼関係を構築するきっかけになったり、緊張しがちな1on1ミーティングのアイスブレイク的な側面も持っていることも事実です。そのため、1on1ミーティングでプライベートの話をするときは節度を持って、相手との関係性を意識しながら話をするようにしましょう。

最後に、おすすめの声掛け方法を説明します。

  • 趣味は何ですか?
  • 休日はどんなことをして過ごしていますか?

また、より詳細に1on1ミーティングで話すべき内容や質問例について知りたい方は下記のリンクから別記事も参考にして見てください。

1on1ミーティングを実施する方法・流れ

本項では、1on1ミーティングを実施する方法・流れについて説明します。効果的な1on1ミーティングは実施の流れは下記のステップを意識しましょう。

1on1の流れ

ここからは、各STEPを詳細に説明します

【STEP1】事前共有

1on1ミーティングのステップの1つ目は、「事前共有」です。この事前共有は1on1ミーティングを実施する前に行うステップです。

事前共有のステップでは、1on1ミーティングの日時や目的などの実施する際に必要な内容を共有することを行うステップです。事前に1on1ミーティングで話し合う内容を決めておけば、実際に1on1ミーティングの際に雑談だけしかできないようなことは無くなります。

また、事前に話し合う内容を決めておけば、部下側、上司側も事前の準備をすることができます。そのため、1on1ミーティングの効果を最大化するためにも事前共有はしっかりとしましょう。

【STEP2】ヒアリング

1on1ミーティングのステップの2つ目は、「ヒアリング」です。このヒアリングは1on1ミーティングの序盤に行うステップです。

ヒアリングのステップでは、事前共有の内容や部下が困っている内容について質問するステップです。このステップの目的は部下が話したい事を上司がしっかりと認識することにあります。部下の話したい事や課題を認識する事が部下の1on1ミーティングの満足度を高める上で非常に重要です。そのため、このステップでは、上司は話し上手になるよりは聞き上手になることを心がけましょう。

【STEP3】コミュニケーション

1on1ミーティングのステップの3つ目は、「コミュニケーション」です。このヒアリングは1on1ミーティングのヒアリングの後に行うステップです。

コミュニケーションのステップでは、ヒアリングの内容を受けて、上司が質問に答えたり、相談にのったりするステップです。また、このステップでも上司が一方的に話すのではなく、相互的なコミュニケーションを意識しましょう。そのため、部下に改善策や具体案などを自主的に考えられるような質問をして、部下が自分で考えられるように促しましょう。

【STEP4】まとめ

1on1ミーティングのステップの4つ目は、「まとめ」です。このまとめは1on1ミーティングのヒアリングの最後に行うステップです。

まとめのステップでは、1on1ミーティングの内容を総括します。このステップの目的は、1on1ミーティングを総括し、部下に現状を理解させることです。1on1ミーティングの最後にまとめを行うことで、1on1ミーティングで話し合っていたことを振り返ることができるでしょう。そのため、1on1ミーティングでまとめのステップをしっかりと行うことが重要です。

1on1ミーティングを話すこと1on1ミーティングに重要なスキル

1on1ミーティングで重要なスキル

1on1ミーティングの効果を最大化するためには、上司はスキルを磨く必要があると前項で説明しました。しかし、1on1ミーティングのスキルについて知識がある人は少ないです。では、1on1ミーティングで必要なスキルは何でしょうか?

1on1ミーティングで重要なスキルは次の3つです。

  • コーチングスキル
  • フィードバックスキル
  • ティーチングスキル

次項からは、この3つのスキルについて説明します。

コーチングスキル

1on1ミーティングで必要なスキルの1つ目は、「コーチングスキル」です。コーチングスキルとは、部下の主体的な行動を引き出すスキルのことを指します。このスキルが高まると、部下の自発性が向上することに繋がり、部下が自身で業務の課題を解決できるようになるでしょう。

フィードバックスキル

1on1ミーティングで必要なスキルの2つ目は、「フィードバックスキル」です。フィードバックスキルとは、部下の行動について、上司が部下に客観的な評価を伝え、より良い行動に導いていくスキルのことを指します。このスキルが高まると、部下の行動に対して適切にアドバイスができることに繋がり、業務の効率化と改善が期待できるでしょう。

ティーチングスキル

1on1ミーティングで必要なスキルの3つ目は、「ティーチングスキル」です。ティーチングスキルとは、上司がこれまで培ってきた経験やスキルや課題の解決策を部下に教えるスキルのことを指します。このスキルでは部下の自主性の成長は見込めないですが、スピード感を持って部下は知識や答えを直接的に学ぶことができます。そのため、部下が1人で仕事ができるようになるまではティーチングスキルを優先的に用いて、部下を成長させることが大切です。

また、より詳細に1on1ミーティングのスキルについて知りたい方は下記のリンクから別記事も参考にして見てください。

1on1ミーティングに関係するスキルを磨くためには?

本項では、1on1ミーティングに関するスキルを磨くために有効な手段を2つ説明します。

書籍を利用する

1on1ミーティングに関係するスキルを磨く方法の1つ目は、「書籍を利用する」ことです。1on1ミーティングスキルの獲得方法として、自己啓発本やビジネス書を読むことも有効な手段です。これらの本を読むことで、自分自身が今まで知らなかった知識やテクニックを身に付けることができます。それに伴って、視野の拡大につながり、より幅広い人々と効果的なコミュニケーションをすることができます。しかし、読書だけではインプットで終ってしまいます。そのため、読書を通じて得た知識を実践に活かす意識を持つことが重要です。

研修サービスを利用する

1on1ミーティングに関係するスキルを磨く方法の2つ目は、「研修サービスを利用する」ことです。1on1ミーティングの研修や浸透のためのコンサルティングは本を読むときと同様に、自分自身が今まで知らなかった知識やテクニックを身に付けることができます。そして、読書と違い、研修プログラムの中では、読書を通じて得た知識を実践に活かすことや、フィードバックを受けることなどのアウトプットをすることも可能です。


株式会社O:(オー)では、人材開発支援助成金を活用した人事評価・目標管理DX研修を提供しています。
【採択率100%】助成金を活用した人事評価・目標管理DX研修の詳細はコチラから!

1on1ミーティング導入・浸透に成功した企業事例

株式会社Merone

Merone 株式会社は女性の自立支援を行っているベンチャー企業です。1on1ミーティングを導入したことで、MVVを全く知らない社員たちにMVVを浸透させることに成功しました。具体的には、1on1コミュニケーションで高頻度で認識のすり合わせを行い、「組織としてやるべきこと」と「個人の成長」が両立するようになり、従業員エンゲージメント売上の向上につながりました。

また、Meroneでの1on1ミーティングの導入事例の詳細は、下記のリンクでインタビュー記事を読むことができますので、ぜひお読みください。

株式会社ジョン

株式会社 ジョンは、ご自宅で病気を抱えながら生活されている方に看護を提供するというサービスを提供している在宅医療や、訪問看護の分野の企業です。株式会社 ジョンでは、1on1ミーティングでの定期的な振り返りを行うことによって、業務における行動レベルの解像度UP目標整理行動計画作成が可能になり、毎月500-1000万円の売上が上昇しました。

また、株式会社 ジョンでの1on1ミーティングの導入事例の詳細は、下記のリンクでインタビュー記事を読むことができますので、ぜひお読みください。

1on1ミーティング導入・浸透ならCo:TEAM(コチーム)!

5分でわかるコチーム紹介資料

コチームは、マネジメントの最先端「パフォーマンスマネジメント」を支援する国内初のマネジメントツールです。

コチームは、MBOやOKR等の目標管理賞賛・承認や1on1等を通じたフィードバック360度評価にも対応する人事評価を一元管理できます。

パフォーマンスマネジメントとは、米国TOP500の世界的企業約30%が採用する、メンバーのパフォーマンスを高めるため、一人ひとりの持つ能力やスキル、モチベーションを引き出すと同時に、上司が効果的なフィードバックを行い、目標達成を目指すマネジメント手法です。

パフォーマンスマネジメントの平均的な効果

1on1を通じたパフォーマンスマネジメントを実践することにより、上記のような効果が期待できます。

まとめ

本記事では、1on1ミーティングについて総合的に説明しました。1on1ミーティングに関する知識は、1on1ミーティングの効果を最大化し、企業の持続的な成長のために非常に重要です。最後までお読みいただきありがとうございました。