もう1on1で困らないための研修をご紹介|意味のある1on1運用に繋げるマネージャー育成

710
もう1on1で困らないための研修をご紹介|意味のある1on1運用に繋げるマネージャー育成

「1on1で話すことがない」「部下に1on1を負担に思われているかもしれない」「部下の話を聞き出せない」近年、1on1の普及が進んでいく中で、このようなお悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか?1on1を初めてみたが部下の理解が得られていない、形骸化してしまっているなど、うまくいかない原因は様々だと思います。 しかし1on1をうまく運用できれば、組織風土や従業員エンゲージメント、生産性の向上に大きく寄与することも確かです。そのため本記事では、1on1にお悩みのすべての方に向け、1on1の研修について詳しく解説していきます。

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングをなんとなくで運用している人も少なくはないでしょう。そもそも1on1ミーティングとはどのようなものなのでしょうか?

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは上司と部下が1対1で行うミーティング(対話)を指します。多ければ週に1回、最低でも1〜3ヶ月に1回と、高頻度で定期的に行うことが特徴です。

また、通常の面談とは異なり対話内容は様々です。業務に関する悩みや、心配事からプライベートに関わることまで、部下が主体的に話をし、上司は傾聴すると言うことも特徴として挙げられるでしょう。

1on1ミーティングの目的としては、部下の成長を促すことが挙げられます。部下の悩みや現状に寄り添い、コーチングやフィードバックを行いながら部下の主体性や能力を引き出すことが重要です。

1on1ミーティングが抱える課題

先ほどもお話ししたように、1on1ミーティングの目的は部下の成長を促すことにあります。そのため、普通の面談よりも、上司に一定以上のスキルが求められると言えるでしょう。部下の話を聞き出し、成長につながるような効果的なフィードバックを行うということは、思っている以上に難しいものです。

上司の負担ばかりが増え、会話がないまま終わってしまったり、雑談で終わってしまったりなど、形骸化するケースも少なくありません。

そんな課題の解決に有効なのが、1on1の研修と言えるでしょう。1on1に必要なマネジメントスキルを習得し、また効果的な運用レクチャーまでもを期待できます。1on1研修を実施することで、個人の力量に左右されがちで属人化しやすい1on1の質の水準を高め、効果的な運用を実現できるでしょう。

1on1研修を行うことのメリット

1on1研修を実施することは様々なメリットがあると言えます。本パートでは、1on1研修を行うことのメリットを解説します。

管理職のマネジメントスキル向上

1on1研修を行うことのメリットの1つ目は「管理職のマネジメントスキル向上」です。

1on1研修では、傾聴力やコーチングスキル、コミュニケーションスキル、フィードバックスキル等の管理職向けのマネジメントスキル研修も行っています。部下の主体性を引き出し成長に繋げられるようなスキルを身につけることで、質の高い1on1を行えるようになります。質の高い1on1を実現することで、部下の個性を深く理解し信頼関係を深めることも可能です。また、マネジメントスキルに含まれる様々な能力は、1on1以外の業務でも重要となってくるでしょう。マネジメントスキルを向上できる点というのは、1on1研修のメリットと言えます。


【参加者が大絶賛の研修!】
明日から使える1on1で重要な「承認」「共感」のテクニックをわかりやすく解説!
今まで受けた研修で1番良かった!」「マネジメントの新しい考え方を得れた!」など現場管理職・マネージャーに大人気の1on1研修の第1回目の資料を無料公開中!!
>>1on1研修第1回『マネジメントと1on1って何ですか?』はこちらから無料ダウンロード

離職率の改善

1on1研修を行うことのメリットの2つ目は「離職率の改善」です。

1on1を通して、上司が部下一人ひとりと関係を築けることで、部下自身も「ちゃんと自分を見てもらえている」という承認欲求を満たすことが可能です。1on1で上司と部下の相互理解が進むことにより、職場の心理的安全性が向上し、発言しやすく働きやすい職場環境の形成に繋がります。また、適切なフィードバックやコーチングを行うことによって、部下が自分自身の目標を達成するためのアクション計画を立てやすくなり、成長を実感しやすくなるでしょう。結果として、部下のモチベーションやエンゲージメントの向上に大きく寄与できるため、定着率の向上につながると言えます。

部下の育成・成長を促せる

1on1研修を行うことのメリットの3つ目は「部下の育成・成長を促せる」ことです。

1on1は部下育成や成長を促すことにおいてとても有効な手段といえます。1on1は本来、フィードバックやコーチングを行い部下に気づきを与え、自ら考え行動する習慣を身につけるために効果的な施策です。1on1の研修を通して質の良い1on1の運用が実現できれば、効果的な部下の育成を可能にすると言えるでしょう。

職場環境の改善と、エンゲージメント向上

1on1研修を行うことのメリットの4つ目は「職場改善の向上と、エンゲージメントの向上」です。

研修を通して1on1の質が上がることで、上司と部下の信頼関係の構築も見込めるでしょう。コミュニケーションが増え、相互理解が進むことで、相談しやすい環境・発言しやすい空気を形成することが可能になり、職場環境の改善にも繋がります。また、1on1を通して、組織理念やMVVの浸透を促すことも可能であり、これらの理解・浸透は従業員エンゲージメント向上において重要な要素と言えます。

加えて、質の良い1on1を通し上司が部下の特性や能力を適切に把握することで、一人ひとりに対して適切なマネジメントを行うことが可能になります。上司が部下への接し方を工夫したり、個々に合ったミュニケーションスタイルや適切なフォローを提供できるようになることで、部下のエンゲージメントの向上を見込めるでしょう。1on1を通した成果の承認も、エンゲージメントの向上に効果的といえます。

1on1研修ならCo:TEAM(コチーム)で!

コチームコンサルサイト

令和に入り、管理職やマネージャーに求められるマネジメントの難易度が高まってきています。気を遣わなければいけない事項も多く、また、時代の変化に伴い、育成方法や上司部下の関係性のあり方も大きく変わりました。様々なマネジメントスタイルがあり、様々なマネジメント施策に頭を抱えることもあるでしょう。どのように部下と接し関係を築けばいいか悩む方もいるかもしれません。そのような方々に向け、弊社では1on1研修という視点からマネージャーとしての成長をお手伝いします。

株式会社O:(オー)では、パフォーマンスマネジメントを基盤とした1on1ツールであるCo:TEAM(コチーム)を提供しており、サービスの一環として、管理職向けのマネジメント研修も提供しています。コチームを使用しながら研修を行うことを特徴としており、通常の業務状態と関連付けながら研修を行うことができるため、研修終了後の再現性が高く、質の高い1on1を実現可能です。1on1の導入が初めてと言う方に向けて、導入サポートから伴走サポートまでもを行っているため、1on1の導入をご検討の方や、管理職向けの1on1研修をお探しの方は、ぜひご相談ください。

本パートでは、コチームの研修サービスについて詳しく説明します。

どんな企業に向いてる?

オーの1on1研修は以下のような組織に適しています。

  • マネージャーを1on1に前向きな状態で巻き込むことや、1on1の定着に課題を感じている大手企業
  • なるべく費用をおさえつつ、研修を実施したい中堅中小企業
  • 業界としては、「IT」「メディア・マーケティング・広告」「製造業」「医療・福祉」「商社」が特に強い企業

研修内容と価格

対象:管理職・プレイングマネージャー

こんなお悩みを解決します:

・業務量が多すぎてメンバーとのコミュニケーション時間が取れない。

・マネジメント経験が浅く、1on1コミュニケーションが上手くいっていないと感じる。

・年上で接しづらいなどの理由で、相性があまり良くない部下との接し方に困っている。

価格:平均的な価格帯と比較した場合、標準〜低価格(価格は企業様により異なります)

オーでは、部下の保有能力を発揮させるための1on1力強化プログラムを提供しております。定着しやすい長期型の研修が主であり、また、組織経営層やマネージャー、メンバーからのヒアリング等で得たデータを参考に、受講者に合わせて研修をカスタマイズ可能です。

組織ごとの課題を抽出し、「知る」ではなく「できる」をゴールにした研修設計と、業務や人に合ったインプットをご用意しており、習慣化を見越したツールの活用を行います。

成長・成果につながるコーチング・フィードバック・ティーチング・承認・共感・自己開示が含まれる1on1と目標管理の実践・継続を研修・サポートし、組織全体のパフォーマンス向上とミッション浸透を強化します。

「マネジメント」の正体の正しい理解から、コーチング・フィードバック・ティーチングスキル・問題発見能力の向上まで、1on1力強化プログラムを通して、マネージャーとして必要な能力を強化します。

コチームの1on1研修の特徴

オーが提供している研修の特徴は以下が挙げられます。

・1on1ツールで「できるまで」現場実践

研修で学んだ知識を現場で実践できるよう、次の研修までにツールを通してすぐ実施し、フィードバックを行います。

・講師が参加マネージャーが一人ひとりに伴走

研修時間外で、全体研修で聞きづらい内容や相性の悪い部下への接し方等の個別訓練を行います。マネージャーの前向きな気持ちを引き出し、今後の人事施策が浸透しやすい環境づくりをサポートします。

・日本企業にマッチした1on1・マネジメントスキルが対象

一般的な1on1研修は「海外流1on1」であり日本企業にマッチしないケースが多いですが、オーでは日本の1on1・マネジメント形態に合った研修を提供します。

・マネージャー・現場と一緒になって、設計・運用を行う

現場が「これならできる、これをやりたかった」と思える1on1の設計と運用をお手伝いします。

オーでは、マネージャーが適切なマネジメントや1on1を実現できるようお手伝いをさせていただいており、研修の主な実績事例としては以下が挙げられます。

  • 1on1未実施のチームと比較し、エンゲージメントポイントが上昇
  • 信頼関係を構築できたことで、部下から能動的に相談する回数が増え、結果的にマネジメント工数が12%削減(4.5時間/週の削減)
  • 人事評価点が高い活躍層の定着率が3.2%アップ
  • チームの信頼関係向上がチームワークに繋がり、スキル継承の効率化や生産性が向上したことで、売り上げが200%増加
  • マネージャーが、適切な内容や頻度でメンバーを支援出来るようになり相談のハードルが大きく下がったことでメンバーからの能動的な相談件数が200%増加

コチームでは1on1マニュアルをご用意!

コチームでは、1on1の運用に適した運用マニュアル資料をいくつかご用意しております。無料でダウンロードできますので、ぜひご覧ください。

1on1パーフェクトガイド

1on1定着マニュアル

今どきマネージャーのメンバー育成マニュアル

部下を育てるフィードバック

1on1ミーティングの重要性と実態

リーダー解説書

若手社員の活躍を促すマネジメント方法

1on1で活用できるマネジメント能力

1on1の研修では、以下のような1on1で活用できるマネジメント研修も提供していることが多いです。本パートでは、1on1に活用できるマネジメント能力について説明します。研修を助ける際に参考にしてみてください。

コミュニケーションスキル

1on1で活用できる1つ目のマネジメント能力は「コミュニケーションスキル」です。

コミュニケーションスキルは、マネジメントを行う上で最も重要と言えるでしょう。上司部下間の信頼関係の構築には欠かせません。コミュニケーションを行う際の媒体として挙げられるものは様々ですが、口頭・テキスト・非言語コミュニケーション等それぞれの媒体の特徴を考慮しながら適切なコミュニケーションを行う必要があります。

また、1on1においてもコミュニケーションスキルは大切であり、「聞く」「質問する」「伝える」それぞれにあった方法を理解する必要があります。部下が主体となって話せるような環境を作り、部下自身が自分で考えるよう促すフィードバックを行いながら、部下が理解できるようわかりやすく伝えるように努めましょう。

1on1研修では、このようなコミュニケーションスキルの向上もサポートしていることが多いため、ぜひ活用しましょう。

コーチングスキル

1on1で活用できる2つ目のマネジメント能力は「コーチングスキル」です。

コーチングスキルは、大きくいえばコミュニケーションスキルに含まれますが、1on1ではとても重要になるため、今回は分けて解説していきます。

コーチングスキルは、「あくまで問題解決の答えを出すのは当人であり、コーチがそれを引き出すサポートをする」という考え方を基盤にしています。つまり上司は、部下が抱えている課題の解決方法を提示するのではなく、部下が自分自身で課題解決できるように導かなくてはいけません。対話の中で上司は部下に対し以下の要素を提示できるようにしましょう。

  • 新しい気づきを促す
  • 視点を増やす
  • 行動や思考の選択肢を増やす
  • 目標の達成に必要な行動を促す

部下の成長を促す1on1において、コーチングスキルはとても重要になります。1on1研修ではコーチングスキル向上サポートも行なっているため、ぜひ活用しましょう。

傾聴スキル

1on1で活用できる3つ目のマネジメント能力は「傾聴スキル」です。

傾聴スキルも、大きくいえばコミュニケーションスキルに含まれます。質の高い1on1を行うにはとても重要なスキルになるため、今回は詳しく解説していきます。

傾聴とは、相手の話に耳を傾け、気持ちに寄り添いながら深く理解することを指し、傾聴スキルとはその一連を行える能力を指します。相手を理解することや、良い関係を築くことを目的としており、信頼関係の構築と相互理解が重要な1on1において欠かせないスキルと言えるでしょう。言葉の意味を理解するだけでなく、声のトーンや表情にも注目し、相手の気持ちに寄り添うことを意識しましょう。傾聴の姿勢は、相手の言いたいこと・伝えたいことを引き出すことにも繋がります。

1on1研修では傾聴力向上のサポートも行なっているため、ぜひご活用ください。

フィードバックスキル

1on1で活用できる4つ目のマネジメント能力は「フィードバックスキル」です。

フィードバックとは「目標を達成するための行動の結果に対し、客観的な評価を伝え、より良い行動へと繋げる」ことを指します。

1on1では、目標達成に対する部下のアクションについてフィードバックを行うことが求められます。部下の特性や能力を加味し、適切な表現を使いながらわかりやすく伝えるようにしましょう。部下の行動に客観的評価を行い、よかった点や改善点等を振り返りながら、次のアクションに繋げられるよう促すことが重要です。

1on1研修では、フィードバックスキル向上のサポートも行なっていますので、ぜひご活用ください。

1on1研修の実施方法

1on1研修には他にもいくつかの方法が存在します。本パートでは、1on1研修の実施方法について詳しく解説します。

自社研修

1on1研修の実施方法の1つ目は「自社研修」です。

人事部門や管理職層が主体となって行う研修や勉強会を指します。メリットとしては、費用が抑えられる点や任意のタイミングで開催できる点等が挙げられます。また、自分たちで研修を行うことで、意欲向上や主体性も高められるでしょう。しかし、1on1について専門的な知見を持っている人材の確保が難しいケースが多いため、効果が発揮されないことも考えられます。

社内研修は以下のような企業に向いています

  • 1on1を導入してまもない企業
  • 1on1研修のコストを抑えたい企業
  • 1on1研修や勉強会の構築に人員や時間を割ける企業

外部研修

1on1研修の実施方法の2つ目は「社外研修」です。

人事コンサル会社などが提供している研修やセミナーを受講する方法を指します。メリットとしては、1on1に必要な事項を専門家から学べることや、1on1に活用できるマネジメントスキル・コミュニケーションスキルの向上サポートも受けられる点が挙げられます。自社研修よりもコストがかかってしまう点はありますが、効率よく効果が見込める方法と言えるでしょう。

外部研修は以下のような企業に向いています

  • 1on1が形骸化している企業
  • 管理職のマネジメントスキルの標準を上げたい企業

外部コンサル

1on1研修の実施方法の3つ目は「外部コンサル」です。

1on1の設計や運用、浸透のサポートが必要な場合は、外部コンサルに依頼するといいでしょう。自社に合った設計や運用方法、目標設定方法を知ることができ、1on1周りの課題を専門的な知見から解決することが可能です。伴走サポートで定着までしっかりサポートが受けられるため、1on1の効果測定などもしやすくなるでしょう。また、上司向けの1on1面談のトレーニングやコミュニケーション研修などを提供しているコンサル会社もあるので、活用しましょう。

外部コンサルは以下のような企業に向いています

  • 1on1の導入を検討しており、専門家の知見が欲しい企業
  • 1on1が定着せず、うまく運用できていない企業
  • 1on1を活用したいが、自社解決の難しい課題がある企業

1on1ミーティング運用成功の鍵

効果的な1on1を行うためにも、留意しておかなければいけないポイントがいくつか存在します。研修を自社で行う場合でも外部に依頼する場合でも、共通して意識するようにしましょう。このパートでは、1on1ミーティング運用成功のポイントについて解説します。

1on1パーフェクトガイド横長バナー画像ver1
1on1パーフェクトガイド_サイドバナー

1on1の目的と重要性を部下に共有

1on1ミーティング運用成功の1つ目のポイントは「1on1の目的と重要性を部下に共有」することです。

1on1を導入・運用する際は、1on1を行う目的や重要性を全社的に共有し、周知させることが重要です。1on1を行うということは業務内容が増えるということであり、1on1自体を面倒に感じる部下も少なくはないでしょう。部下自身が1on1を自主的に業務に組み込めるよう、なぜ1on1が必要なのか、なんのために実施するのかを共有しましょう。事前の目的共有は、効果的な1on1の実施と、運用後の1on1形骸化防止にも繋がります。

信頼関係の構築

1on1ミーティング運用成功の2つ目のポイントは「信頼関係を構築」することです。

1on1では、上司は部下の話に耳を傾けることが重要です。つまり、部下の話を多く引き出す必要があります。部下の話を引き出すには、上司と部下の信頼関係の構築が欠かせません。そのため、日頃からのコミュニケーションや挨拶等を積極的に行い、良好な関係作りを意識しましょう。

事前準備を行う

1on1ミーティング運用成功の3つ目のポイントは「事前準備を行う」ことです。

効果的な1on1を行うには、事前準備が欠かせないでしょう。何も準備せずに面談をしてしまうと、話すことがないと感じてしまったり、雑談のみで終わってしまったりということにつながり、1on1本来の力を発揮できず形骸化してしまう恐れがあります。

1on1を行う際は、目的の確認と、共有事項やテーマの設定、アジェンダの登録、時間配分など、入念な準備を行いましょう。部下自身も1on1の実施目的や効果を実感できるようになり、積極的な1on1の参加に繋がります。

1on1ツールを活用し効率化を図る

1on1ミーティング運用成功の4つ目のポイントは「1on1ツールを活用し効率化を図る」ことです。

1on1はスプレッドシートやエクセルを利用することで、コストをかけず独自で行うことも可能です。しかし、マネージャーや部下の手間を考慮し、1on1ツールを活用することをおすすめします。

1on1ツールには、今までの1on1の記録やアジェンダの登録、人事情報の一元管理、リマインド等様々な機能があり、1on1を効率良く、かつ効果的に行うために有効な手段と言えるでしょう。

また、ツールを通して1on1を行いやすくなることで全社的な浸透も促すことができ、1on1の定着に繋がります。

まとめ

ここまで、1on1の研修についてを中心的に解説してきました。効果的な1on1を行うには研修は必要不可欠であり、それぞれの組織に合った研修方法があります。

自社の特性や課題をよく見極め、研修を設計・依頼しましょう。

オーでは、本記事の内容以外の部分でも、人事評価設計や組織風土改善、経営理念の浸透、離職率改善等のご相談を受け付けております。お気軽に以下よりお問合せください。

併せて、オーが提供しているパフォーマンスマネジメントを基盤とした1on1ツールの資料もご用意しております。ぜひご覧ください。