1on1ミーティングを上手く実施するためのスキルとは?スキルを磨くコツについても解説!

258
1on1ミーティングを上手く実施するためのスキルとは?スキルを磨くコツについても解説!

国内1on1ミーティングの導入が進んでおり、人事施策として有名になりつつあります。そして、1on1ミーティングが浸透することで、企業は持続的な成長を期待することができます。しかし、効果的な1on1ミーティングを実施するために上司は適切な質問やコミュニケーションを実施する必要があります。そのため、上司は1on1ミーティングに備え、1on1ミーティングのためのスキルを磨く必要があります。しかし、1on1ミーティングにおけるスキルの重要性について把握している人は少なく、1on1ミーティングのスキルを意識せずに行ってしまうことが多いでしょう。

そのため、本記事では、1on1ミーティングを実施するためのスキルの重要性について説明し、そのスキルスキルの磨き方について紹介します。


「1on1」って実際にどうすればいいの?
1on1を実施しているが、目に見える成果が出ていない
メンバーのモチベーション・パフォーマンスが低い
1on1によって離職を減らしたい
こんな悩みを持つ方必見の1on1を効果的に行うための資料

>>「メンバーの成長・マネジメントを最適化させるプロが実践する1on1パーフェクトガイド」はこちらから無料ダウンロード!

1on1ミーティングとは?

1on1ミーティングとは「上司と部下の1対1で行う定期的な面談(ミーティング)」のことです。

アメリカのシリコンバレーで人材育成を目的として確立された手法で、定期的に上司と部下の1対1で行われる対話を指します。日本でもヤフー株式会社などが取り入れたことから注目を集め始め、2020年には、規模に関わらず約4割の企業が導入しています。

1on1ミーティングの目的は部下の育成、成長支援やエンゲージメント向上にあります。そのため、これまでのような人事評価の面談や進捗管理をするだけの面談とは異なり、部下の成長が重要な点になります。1on1ミーティングは部下の成長を促進させることが重要になります。

1on1ミーティングのメリット

企業は1on1ミーティングを効果的に行うことによって、持続的な成長につながるメリットを享受することができます。この項では1on1ミーティングを行うことで、得られるメリットを3つ紹介します。

  • 部下の成長
  • 信頼関係の構築
  • 経営理念を浸透しやすくなる

部下の成長

1on1ミーティングのメリットの1つ目は、「部下の成長」です。1on1ミーティングを効果的に行うことで、部下の成長に効率的に寄与することができます。これは1on1ミーティングで部下の課題や目標管理を行うことで、学びや改善の機会を提供する事に繋がるからです。そのため、これまでのような人事評価の面談や進捗管理をするだけの面談とは異なり、部下の成長を重視した面談を行うことが重要です。

信頼関係の構築

1on1ミーティングのメリットの2つ目は、「信頼関係の構築」です。従来の人事評価面談と異なり、1on1ミーティングは仕事の進捗だけではなく、仕事での困り事やキャリアの話、時にはプライベートの話も行います。深い話を行うことで、上司と部下の心理的距離が近づきやすくなるといった効果を見込め、信頼関係を構築に繋がるでしょう。信頼関係の構築が上手くいくと、普段の業務でもトップダウン的に物事を判断することが可能になり、業務を効率的に行うことができるようになります。

経営理念を浸透しやすくなる

1on1ミーティングのメリットの3つ目は、「経営理念を浸透させやすくなる」ことです。1on1ミーティングの際に、経営理念を踏まえたコミュニケーションを意識しておけば、部下の行動軸に経営理念を落とし込むことができます。経営理念を浸透させると、チーム全体の方向性が定まることや従業員のエンゲージメントが向上する等のメリットが考えられるでしょう。そのため、1on1ミーティングで経営理念を浸透させることが、企業の持続的な成長に繋がります。

1on1ミーティングでスキルが重要な理由

1on1ミーティングにおいてスキルが重要な理由は、「1on1ミーティングを効果的に行うのは容易ではない」からです。実際に1on1ミーティングを効果的に行うのは容易ではなく、部下の成長のきっかけになるのは非常に難しいです。なぜなら、1on1ミーティングでは上司は部下の本音や部下自身も気がついていないような内容をヒアリングし、上司は本音を引き出すような声かけや話しやすい雰囲気をつくることが求められるからです。そのため、1on1ミーティングを効果的に行うためには1on1ミーティングのスキルが非常に重要になります。

1on1ミーティングで必要なスキル

1on1-skills-3

1on1ミーティングの効果を最大化するためには、上司はスキルを磨く必要があります。しかし、1on1ミーティングのスキルについて知識がある人は少ないです。では、1on1ミーティングで必要なスキルは何でしょうか?

1on1ミーティングで重要なスキルは次の3つです。

  • コーチングスキル
  • フィードバックスキル
  • ティーチングスキル

次項からは、この3つのスキルについて説明します。

コーチングスキル

1on1ミーティングで必要なスキルの1つ目は、「コーチングスキル」です。コーチングスキルとは、部下の主体的な行動を引き出すスキルのことを指します。このスキルが高まると、部下の自発性が向上することに繋がり、部下が自身で業務の課題を解決できるようになるでしょう。

コーチングスキルの重要ポイント

コーチングスキルの目的は、部下の力を引き出し、部下の成長を促進させるものです。そのためコーチングスキルを意識する中で、重要なポイントは3点あります。

  • 傾聴
  • 質問
  • 承認

傾聴

1点目は、「傾聴」です。傾聴は英語で「Active Listening」と呼ばれています。つまり、傾聴力とは「積極的に相手の話を聴くこと」です。そのため、部下が話している途中で口を挟んだりすることなく、部下の話を積極的に最後まで聞くことを意味します。傾聴を意識すると、部下が自分自身で解決案や考えを話しやすくなり、部下の成長を促進できます。そのため、コーチングスキルの観点では、上司は話し上手になるよりも聞き上手になることを意識しましょう。

質問

2点目は、「質問」です。質問は、部下の内省や気づきを促進することでき、部下の成長に繋がります。特に、部下が課題に直面して困っている時に、適切な質問を上司がかけられるようにしましょう。上司が質問をする際には「オープン・クエスチョン」と「クローズド・クエスチョン」の違いを意識しましょう。「オープン・クエスチョン」とは、「5W1H」から始まる質問で、部下が自由に回答を考えることができる質問のことを指します。それに対して、「クローズド・クエスチョン」は「YES」か「NO」の2択で答えられる質問です。これらの「オープン・クエスチョン」と「クローズド・クエスチョン」を適宜使い分けることで、効果的な質問をすることができます。

承認

3点目は、「承認」です。承認は、部下が話したことを承認し、部下が自分自身の行動に自信を持てるようになります。コーチングスキルにおける承認の重要な点は、部下自身行動、そして結果といった3要素をきちんと承認することです。承認を基本的には3つの要素を承認することが重要ですが、人によって承認の適切な配分は変わります。そのため、部下にあった承認をすることが非常に重要になります。

フィードバックスキル

1on1ミーティングで必要なスキルの2つ目は、「フィードバックスキル」です。フィードバックスキルとは、部下の行動について、上司が部下に客観的な評価を伝え、より良い行動に導いていくスキルのことを指します。このスキルが高まると、部下の行動に対して適切にアドバイスができることに繋がり、業務の効率化と改善が期待できるでしょう。

フィードバックスキルの目的は、部下が起こした結果に対して、あるべき姿やありたい姿と照らし合わせて客観的な評価を伝え、より良い行動へと導くことにあります。そのため、フィードバックスキルを意識する中で、重要なポイントは2点あります。

  • ポジティブフィードバック
  • ネガティブフィードバック

ポジティブフィードバック

1点目は、「ポジティブフィードバック」です。ポジティブフィードバックとは、部下の行動について「良かった点」を評価し、前向きな言葉で伝えるフィードバック方法です。部下の行動の良いところを誉めることで、部下自身の自尊心を満たすことや信頼関係の構築に繋げられます。また、コーチングスキルの承認とポジティブフィードバックと相性が非常に良いです。承認を基本とし、ポジティブフィードバックを行うことができれば、上司は部下から認められていると感じやすくなり、より成長が促進されます。

ネガティブフィードバック

2点目は、「ネガティブフィードバック」です。ネガティブフィードバックとは、部下の行動について「悪かった点」を評価し、改善点を伝えて、成果を出すために部下を導くフィードバック方法です。部下の改善点を客観的に伝えることで、今後の軌道修正や成長につなげることが目的です。しかし、ネガティブフィードバックは相手の行動の問題点を指摘するため、部下を傷つけてしまうことがあります。そのため、結果や部下の人間性を否定するような発言ではなく、部下の成長につながるような発言をすることを意識しましょう。

ティーチングスキル

1on1ミーティングで必要なスキルの3つ目は、「ティーチングスキル」です。ティーチングスキルとは、上司がこれまで培ってきた経験やスキルや課題の解決策を部下に教えることを指します。このスキルでは部下の自主性の成長は見込めないですが、スピード感を持って部下は知識や答えを直接的に教えることができます。そのため、部下が1人で仕事ができるようになるまではティーチングスキルを優先的に用いて、部下を成長させることが大切です。

ティーチングスキルの目的は、部下にスピーディーに知識や経験談を伝えることにあります。そのため、ティーチングスキルを意識する中で、重要なポイントは3点あります。

  • ティーチングとコーチングの使い分け
  • 部下の現状に応じた内容を教える
  • What、Why、Howの3つを意識する

ティーチングとコーチングの使い分け

1点目は、「ティーチングとコーチングの使い分け」です。ティーチングスキルは部下に始めから答えを伝えるもので、部下の自主性が育むことはできません。そのため、ティーチングスキルとコーチングスキルの使いどころを間違えてしまうと、いつまでたっても部下が成長できません。したがって、ティーチングスキルとコーチングスキルを効果的に使い分けることが非常に重要です。ティーチングスキルが最も輝く場面は、仕事の進め方や知識などの仕事を進める上で必須になるものを教える場面となるでしょう。逆にコーチングスキルは部下が自分で考え、答えを考えてもらう場面に有効です。

部下の現状に応じた内容を教える

2点目は、「部下の現状に応じた内容を教える」です。ティーチングスキルは部下に始めから答えを伝えるもののため、部下のレベルや経験に応じて教える内容を変えなくてはいけません。相手の知識やスキルのレベルを把握していないと、相手に合った内容を教えることはできません。また、相手のレベルを間違えてしまうと、一気に知識を詰め込むことになったり、もう知っていることを教えてしまうことになってしまいます。そのため、部下の現状に応じた内容を教えることがティーチングスキルでは重要です。

What、Why、Howの3つを意識する

3点目は、「What、Why、Howの3つを意識する」です。What、Why、Howの3つを意識して部下に教えることで、部下が教えた内容を段階的に理解することができます。ティーチングスキルにおける「What」とは、何をやるのかというような全体像やテーマを把握するために部下に伝えるものです。全体像を把握すると、部下の解像度が上がり、情報を理解しやすくなります。ティーチングスキルにおける「Why」とは、なぜやるのかを教えるような仕事の目的を伝えるものです。目的を知ることで、部下が仕事に納得感や意味を感じやすくなるという意味があります。ティーチングスキルにおける「How」とはどうやってやるのかという仕事の方法について部下に伝えるものです。そのため、具体的な仕事の進め方ややり方、知識などを教えます。ティーチングスキルを意識する上では、「What、Why、Howの3つを意識する」ことが大切です。


プロが実践する1on1ミーティングとは?

1on1ミーティングが運用・定着すると、人を起点としたビジネスの成長・価値提供・エンゲージメント向上につなげることができます。しかし、1on1を定着させることは簡単ではなく、形骸化させないようにするのは非常に難しいです。「プロが実践する1on1ミーティングとは?」では、形骸化を防ぎ、1on1の効果を最大化にするための方法を詳しく解説しています。少しでも、「プロが実践する1on1ミーティングとは?」に興味を持った方は下記のリンクから研修をお申し込みください。

この資料で分かること
1on1は何のためにやるのか
1on1の効果的な定着や運用方法
1on1のフレームワーク
1on1の承認とフィードバックにいける効果的な声かけ

「プロが実践する1on1ミーティングとは?」のダウンロードはこちらから

1on1ミーティングに関係するスキルを磨くためには?

書籍を利用する

1on1ミーティングに関係するスキルを磨く方法の1つ目は、「書籍を利用する」ことです。1on1ミーティングスキルの獲得方法として、自己啓発本やビジネス書を読むことも有効な手段です。これらの本を読むことで、自分自身が今まで知らなかった知識やテクニックを身に付けることができます。それに伴って、視野の拡大につながり、より幅広い人々と効果的なコミュニケーションをすることができます。しかし、読書だけではインプットで終ってしまいます。そのため、読書を通じて得た知識を実践に活かす意識を持つことが重要です。

研修サービスを利用する

1on1ミーティングに関係するスキルを磨く方法の2つ目は、「研修サービスを利用する」ことです。1on1ミーティングの研修や浸透のためのコンサルティングは本を読むときと同様に、自分自身が今まで知らなかった知識やテクニックを身に付けることができます。そして、読書と違い、研修プログラムの中では、読書を通じて得た知識を実践に活かすことや、フィードバックを受けることなどのアウトプットをすることも可能です。

1on1ミーティング導入・浸透には株式会社O:(オー)をお頼りください!

5分でわかるコチーム紹介資料

株式会社オーでは、1on1ミーティングを効果的に行うための研修・コンサルティングやクラウドサービスを用いたサービスを提供させていただいております。

弊社で実施している1on1ミーティングを浸透させるための研修・コンサルティング内容は、会社の課題により異なり、個別最適化した内容を提供させていただきます。

また、弊社が提供するコンサルティング・研修は1on1ミーティングが浸透させるまでご支援させていただくことも特徴の1つです。1on1ミーティングを浸透させるために長い期間が必要です。そのため、弊社が提供する研修は、期間が半年以上と長く、1on1ミーティングを浸透させるまで併走させていただいております。

また、弊社は1on1ミーティング以外の研修も行なっており、以下に提供している研修例を紹介します。

  • 1on1ミーティング研修
  • マネジメント研修
  • 評価者研修
  • 目標管理研修

 また、弊社では併走するだけではなく、それぞれの企業が自走しやすい環境づくりもご支援させていただくため、クラウドサービスであるCo:TEAM(コチーム)を提供しています。

OKR/MBO

このコチームは1on1ミーティングやフィードバック面談、目標管理、人事評価を繋ぐ、「個人の目標達成力を上げる」人材育成サービスです。そのため、それぞれの従業員が経営理念を浸透させるために重要な1on1コミュニケーションを効果的・効率的に行うことができ、様々な企業・団体で1on1ミーティングを浸透させてきた実績があります。

まとめ

本記事では、1on1ミーティングの重要性スキルについて説明しました。1on1ミーティングのスキルは、企業の持続的な成長のために非常に重要です。1on1ミーティングで重要なスキルは次の3つです。

  • コーチングスキル
  • フィードバックスキル
  • ティーチングスキル
1on1-skills-3

ここまでお読みいただきありがとうございました!