組織変革コンサルに依頼検討中のあなたに!支援内容や会社の選び方を全部解説

650
組織変革コンサルに依頼検討中のあなたに!支援内容や会社の選び方を全部解説

働き方改革やテクノロジーの進化、市場の変動が日々進行するビジネス社会で組織として成長し続けるために、組織構造や文化の改革、次世代で活躍できる人材の育成などの変革が必要だと感じている企業は多いのではないでしょうか?

組織変革は組織内だけで完結することもできますが、コンサルティング会社を導入してプロの知識・経験を活用することによって効率的にプロジェクトを進めることができ、更なる成果が期待できるでしょう。

この記事では、組織変革コンサルティングを検討中の皆さんに向けて、組織変革コンサルがどのような内容の支援を提供しているのか、そして適切なコンサルティング会社を選ぶ際・実際に導入する際のポイントについて詳しく解説します。

組織変革における成功の鍵を探るために、さっそく内容をご紹介しましょう。

株式会社O:はツールを使ったコンサルティングで組織変革を支援します。

組織変革コンサルとは

まず初めに、「組織変革コンサル」についての理解を深めるため、組織変革コンサルの目的・組織開発と組織変革の違いについて説明します。

組織変革コンサルの目的

組織変革コンサルティングの主な目的は、企業が変化の激しいビジネス環境に適応し、成長と競争力を維持・向上させるための支援を行うことです。組織変革コンサルは、企業が直面する様々な課題に対して、人事・組織面でのアドバイスと戦略を提供します。

これにより、企業は戦略的転換・組織風土改革・業務の効率化などを達成することができるのです。

組織変革コンサルは企業が変化と成長に適応するため必要なスキル・戦略・プロセスを支援し、組織全体のパフォーマンスの向上を促します。

組織変革と組織開発の違い

組織開発と組織変革は、組織の健全性と適応性を向上させるための手法ですが、それぞれ異なるアプローチと焦点を持ちます。

組織開発は、組織全体の健全な成長と変革を目指します。主に持続的な進化を強調し、従業員のスキルやコラボレーションを強化しながら、組織文化を改善することで、効率性や効果性を向上させます。

また、組織開発で重視していることは組織内のコミュニケーションやリーダーシップを育成し、従業員の満足度やモチベーションを高めることです。

一方、組織変革は急激な変化や市場の変動に対応して、組織全体の方針や方向性を再評価し、新たな戦略や構造を導入することを目指します。組織の基本的な要素を見直し、外部環境の変化に適応するための大規模かつ根本的な変革に重きが置かれるでしょう。

組織内のプロセスや構造、文化の刷新を通じて、新しいビジョンを実現可能とするのです。

簡潔に言えば、組織開発は従来の組織の更なる発展のための持続的な変化を促進し、組織変革は急速かつ根本的な変化のために組織の根底から改革を進める手法です。どちらも組織の変容と向上を目指す重要なアプローチですが、目標や状況に応じて適切な選択を行う必要があるでしょう。

組織変革コンサルの支援内容

前パートで組織変革コンサルがどのような目的で支援を行っているのかということや、「組織変革」と「組織開発」が何を指しているのかということについて説明しました。

本パートでは組織変革コンサルの主な支援内容6つを具体的にご紹介します。

組織構造の設計と再編

組織変革コンサルの主な支援内容1つ目は「組織の設計と再編」です。
組織の構造は、社内でどのように意思決定を行うのか、どのようなルールで情報共有を行うのか、また会議進行の方法などに影響を与えます。組織構造を最適化し、柔軟性を持たせることで、環境変化への迅速な対応が可能となるでしょう。

組織変革コンサルが持っている専門知識に基づいた、組織と人材の再編・革新に関わる多岐にわたるサービスを受けることによって企業は変化する環境に適応し、持続的な成長を遂げるための強力なパートナーシップを築くことできるのです。

事業戦略の立案

組織変革コンサルの主な支援内容の2つ目は、「事業戦略の立案」です。

組織変革コンサルは企業が変化する市場環境に適応し、競争力を維持・向上させるための戦略を策定する支援を提供します。

支援する企業一つひとつの現状分析市場トレンドの調査を通じて、適切な事業戦略を導き出し、実際に実行するための計画をサポートしてくれるのです。

新規事業・既存事業にかかわらず、これからどのように事業を進めていけば良いか・またどのような事業を始めたら良いか悩む企業は多くあることでしょう。

そのようなときは外部のコンサルティング会社を導入し、客観的かつ調査に基づいた提案を受けてみることも考えてみてはいかがでしょうか。

組織風土の改革

組織変革コンサルの主な支援内容3つ目は「組織風土の改革」です。

組織が掲げるビジョンや戦略を実現するためには、その価値観と目指す姿を組織全体で共有し、個々のメンバーが主体的に行動することが重要です。

組織変革コンサルタントは、サーベイや分析を通じて組織の現状を深く理解し、ビジョンの浸透や思考・行動様式の変革を支援します。

業務の効率化

組織変革コンサルの主な支援内容4つ目は社内業務の改善や最適化に焦点を当てた「業務の効率化」です。

これには、業務プロセスの見直しや再設計、デジタルテクノロジーの導入、非効率な作業の特定と削減、業務自動化などが含まれます。

コンサル企業は、クライアント企業の業務プロセスを分析し、現状の課題を特定します。その後、効率化のための戦略を策定することによって、必要なツールやテクノロジーの導入をサポートします。

より効率的なプロセスを導入することは従業員のパフォーマンスを向上することに大きく貢献します。

例えば、デジタル化による業務の効率化は組織全体の生産性向上を促すでしょう。

次世代で活躍する人材の育成

組織変革コンサルの主な支援内容5つ目は「次世代で活躍する人材の育成」です。組織の成長や競争力を維持するためには、将来のリーダーを育成することが重要です。

次世代リーダーは組織の中でもマネジメントを行う立場としての役割を果たし、変化に適応し、新たなビジョンを描く能力が求められます。

しかし、次世代で活躍する人材の育成は複雑な課題であり、将来のビジョンやリーダーシップの資質を正しく評価して計画的な育成を行う必要があります。

また、適切な人材育成には多くの時間がかかってしまう場合があり、将来活躍する人材を育てたいと思いながらもなかなか時間を割くことができない企業もあるでしょう。

そのような企業は、専門知識を持った組織変革コンサルに依頼することで自社が求める人材を育成することが可能となります。

イマドキマネージャーのメンバー育成マニュアル

働き方改革

組織変革コンサルの主な支援内容6つ目は「働き改革」です。ビジネス環境が急速に変化する現代社会では働き方の多様化が注目を集めています。

組織変革コンサルはそれぞれの企業に適した柔軟な働き方を実現するために、企業の戦略策定や組織文化の変革を通じた効果的な働き方改革の支援、また業務プロセスの最適化やリーダーシップ強化などの支援を提供しています。

組織変革コンサルは柔軟な労働条件の導入や新しい働き方の啓蒙、変革の進捗管理などを行うことによって、持続可能な働き方改革に貢献します。

組織変革を支援するコンサル4社

上記で示した通り、組織変革コンサルはさまざまな企業の課題の解決を支援しています。しかし、各コンサル会社によって得意とする分野や変革の進め方の特徴などは違ってくるでしょう。

本パートでは組織変革を支援するコンサル4社をご紹介します。

皆さんの組織の課題や組織文化にもっとも適している会社はどこかぜひ検討してみてください。

株式会社O:

目標達成力を高める「コチーム」

株式会社O:(オー)はパフォーマンスマネジメントツール「Co:TEAM(コチーム)」を提供している会社であり、独自ツールの1on1・目標管理機能などを実際に使用しながら、コンサルティングを提供することが特徴です。新しい組織文化の浸透や組織構造の再建、また適切な人材配置などの組織変革において重要となる要素は、社内(特に上司・部下間)でのオープンなコミュニケーションです。オープンなコミュニケーションができていなければ、組織変革を成し遂げることは難しいと言えるでしょう。

ツールを使って業務の効率化、社内コミュニケーションの活性化などを図りながらコンサルティングサービスを受けたいと考えている企業におすすめです。

支援内容の例

  • 人事制度全般の設計・運用
  • 経営理念・MVV浸透支援
  • 経営層・マネージャー・メンバー向けの研修
  • 1on1/フィードバックの設計・運用
  • 目標管理設定強化・運用

費用

50,000〜

サイボウズチームワーク総研

サイボウズチームワーク総研
自立型組織への転換を支援する組織変革コンサルティング

サイボウズチームワーク総研は、組織の変革を支援する専門コンサルティングサービスを提供しています。

組織内の情報共有や意思決定構造会議の進め方など、組織マネジメントシステムの変革を行い、効率的で効果的な働き方の実現をサポートします。サイボウズチームワークは「キャンプファイヤー型組織」と呼ばれる自立型組織への転換を支援しています。

キャンプライヤー型組織とは対話と議論・実践と検証を基に、共感できる理想を実現するため、オープンな情報共有と個々の自律的な行動が調和する状態のことです。

支援内容の例

  • 風土改革支援
  • 組織構造支援
  • 働き方改革支援
  • 理念浸透支援
  • 次世代リーダー育成支援

費用

要問い合わせ

アクセンチュア

アクセンチュア 人材・組織変革

アクセンチュアは、人材・組織変革コンサルティングにおいて、企業の経営や人材に関する変革プランの策定から、Digital/AIの活用まで総合的な支援を提供しています。

組織の潜在能力を最大限に引き出すことで、効果的な人材変革を推進し、企業の競争力向上に貢献しています。

アクセンチュアの特徴は経験豊かなコンサルタントが、企業の状況に合わせたカスタマイズされた戦略を提供し、組織マネジメント、人材開発、デジタル技術の活用など幅広い領域で支援を行っていることです。

支援内容の例

  • 経営者定義・アセスメント(経営)
  • デジタル変革を推進する組織設計・立ち上げ(組織)
  • DX人材育成プログラム(人材)
  • 組織風土分析を起点としたカルチャー変革(変革の推進)

費用

要問い合わせ

デロイトトーマツ

デロイトトーマツ
組織変革部門

デロイトトーマツの組織変革部門は、企業が成長や変革を遂行する際の支援を提供しています。これには、M&A組織再編事業戦略の変更役員体制の調整など、企業が大きな転換期に直面する様々な課題へのアドバイスが含まれます。

またデロイトトーマツは、組織デザイン、組織風土改革、チェンジマネジメント、M&A人事/組織再編、役員制度改革など、多岐にわたるサービスを提供しており、専門的な知識と経験豊富なコンサルタントが、企業のニーズに合わせた解決策を提案できることが特徴です。

支援内容の例

  • 組織デザイン
  • 組織風土改革
  • チェンジマネジメント
  • M&A人事 / 組織再編
  • 役員制度改革

費用

要問い合わせ

組織変革コンサルを導入するメリット

ここまでで組織変革コンサルが支援する内容・実際のコンサル会社の特徴をご紹介しました。

1番初めに申し上げた通り、組織変革は外部の力を借りずに組織内で進めることも可能です。しかし、組織変革において、コンサル会社を導入することにはたくさんのメリットがあります。

ここでは主なメリット4つを一つひとつ具体的に解説します。

客観的な視点・アドバイスを取り入れることができる

組織変革を進める際、第三者視点での分析は、コンサルティングを依頼する大きなメリットの一つです。企業内部では、限られた視野やバイアスが影響してしまうことがありますが、コンサルタントは客観的な視点を持ち、冷静な判断を行うことができます。

彼らは、企業の課題に真摯に向き合いつつも、独立性を保っています。そのため、今まで気付かれていなかった課題や新たな選択肢を提供することが可能となるのです。

また、組織変革を支援するコンサルタントは対象業界の競合他社調査や顧客市場のポジショニングの徹底的な分析を通じて、客観的な視点から課題を洗い出す能力を持っています。これにより、自社内にはない新たな観点からの提案が期待できるでしょう。

自社だけで課題に対処する場合、内部の主観的な視点が強調されることがありますが、コンサルティング会社を導入することで第三者の視点を導入できるメリットがあります。

彼らは客観的な立場から社内の課題や問題点を指摘し、経営者や従業員が気付かなかった側面を明らかにすることが可能です。

組織変革に伴うリスクを軽減することができる

組織変革は、企業にとって重要な一歩ですが、同時に大きなリスクを伴います。組織変革コンサルの専門的なサポートは、このようなリスクを最小限に抑え、成功への道を拓くことに大きく貢献するでしょう。

組織変革コンサルタントの役割は、その名の通り組織変革を支援することですが、その中でも特に重要な役割がリスク管理です。

コンサルタントは、過去の他社事例を分析し、成功と失敗の要因を抽出します。これにより、類似した課題に対する効果的な戦略を策定する際の貴重な手がかりを提供できるのです。失敗事例から学び、類似の落とし穴を回避することで、組織変革の失敗リスクを最小限に抑えることが可能となります。

また、コンサルタントは専門知識と経験を駆使して、潜在的なリスクを早期に特定することができます。これにより、問題が拡大する前に適切な対策を講じることができ、組織変革の進行をスムーズに導くことに繋がるでしょう。

組織変革の成功に向けて、リスク軽減の観点から組織変革コンサルタントを導入することは、戦略的な判断として大きな価値をもたらすことが期待できます。

専門知識と経験を活用することができる

組織変革において、専門的な知識と経験を活用することは、組織変革の際にコンサルを導入することで得られる最も大きなメリットの一つと言えるでしょう。

組織変革コンサルを利用することで多様な専門分野のプロフェッショナルからの洞察を受けることができます。組織変革コンサルタントは、財務、労務、人事などさまざまな分野の専門家から構成されています。

高度な専門知識を持つ人材を直接採用することにコストや時間の制約が生じる場合、一時的にコンサルタントに依頼することで、組織のニーズに合った適切な専門知識を容易に活用することができるのです。

さらに、組織変革コンサルタントには専門家の知見にアクセスできるという利点もあります。例えば、企業内では、自社の製品やサービスに関する深い理解を有することが一般的ですが、マーケティング戦略や効果的な広告活動については、外部からのアドバイスが求められることもあります。

加えて、組織変革コンサルタントは豊富な経験を有しており、多くの企業の成功事例や失敗事例を知っています。この知識を通じて、最新のノウハウや最良のプラクティスを提供できるのです。

組織変革コンサルタントの専門知識と経験を有効に活用することで、組織は成果を最大化し、持続的な競争力を築くことができるでしょう。

効率的にプロジェクトを進めることができる

組織変革において、コンサルタントを導入することで効果的でスムーズなプロジェクト進行を実現することが期待できます。

コンサルタントは、幅広い業務経験と専門的な知識を有し、多くの企業の成功・失敗事例を通じて培われた洞察力を持っています。これにより、特定の課題に対して最適な戦略やアプローチを迅速に導き出すことが可能となるのです。

組織変革は複雑なプロセスであり、課題の特定から計画の策定、実行、モニタリングまで多くのステップが組み込まれます。こうしたステップをスムーズに進めるためには、コンサルタントの経験と専門知識が大いに役に立つでしょう。

彼らは他社のベストプラクティスや最新の業界動向を把握し、それを自社の課題解決に活かす能力があります。また、コンサルタントの専門性を活用することで、組織内部での人材育成や基盤構築にかかる時間やコストを削減できます。

つまり、組織変革においてコンサルタントを導入することは、専門的な知識と経験を活かしてスピーディーで効果的なプロジェクト進行をサポートし、組織の成果向上に大きく貢献する手段となります。

コンサル会社を使うべき企業の特徴

これまでの説明から、組織変革コンサルの価値や役割が少しはおわかりいただけたかと思います。しかし、コンサル会社の導入には大きな費用がかかることもあり、コンサルを使うべきかどうかの判断に迷っている方も多いのではないでしょうか?

本パートでは、組織変革でコンサル会社を使うべき企業の特徴を説明します。

ご自身の組織がここで紹介する特徴に当てはまるかどうかを判断基準にしてみてはいかがでしょうか。

専門知識の不足により、組織変革が進まない

コンサル会社を使うべき企業の特徴1つ目は「専門知識の不足によって進捗が遅れ、組織変革が進まない」ことです。

専門的な組織変革コンサルティングの導入は、この課題を克服するための有効な手段となるでしょう。

多くの企業は、自社の内部リソースだけでは組織変革の複雑さに対処しきれない場合があります。組織変革は専門的な知識と経験を要するため、内部の人材だけで進めると効果的な戦略の策定や適切なアクションプランの構築が難しくなる可能性があります。

専門的な知識を持つ組織変革コンサルタントは、他社事例の成功と失敗を分析し、業界トレンドに精通しています。これにより、企業固有の課題に対して適切な戦略を提供し、スムーズな変革を促進します。

専門的なコンサルティングによって、企業は組織変革の進捗を加速させ、競争力を向上させることができるのです。

複雑な組織課題を抱えている

コンサル会社を使うべき企業の特徴2つ目は「複雑な組織課題を抱えている」ことです。

企業は、通常、業界の変化や競争の激化に伴う多岐にわたる課題に直面しています。これには業務プロセスの効率化、人材管理の最適化、技術の導入、組織文化の変革などが含まれます。

組織課題の複雑さは、単なる変更や改善ではなく、組織全体の戦略的な変革が求められることを意味します。

組織変革コンサルティングの導入は、複雑な課題に対する明確な分析と戦略の策定を支援し、適切なアクションプラン構築を促進することが期待できます。

コンサルタントは多様な視点と経験を持ち、複雑な課題に対して組織全体を総合的にサポートし、成功に導く役割を果たすでしょう。

組織変革コンサルを選ぶ際に失敗しないためのポイント

前述した通り、コンサル会社はそれぞれ得意・不得意な分野を持っていたり、会社によって変革を進める上での特徴が違ったりしていることから、1つの会社がすべての企業にとって適しているとは限りません。

つまり、大手コンサルだからという理由だけでその会社を導入するのは良いコンサルの選び方とはいえないでしょう。

ここでは組織変革コンサルを選ぶ際に失敗しないためのポイントを4つ紹介します。

それを踏まえて、今一度組織変革を成功させるために、自社にもっとも合っているコンサル会社がどこなのかを検討してみてください。

自社の課題・目標とコンサル会社の得意分野が合っているか

組織変革コンサルを選ぶ際に失敗しないためのポイント1つ目は、「自社の課題・目標とコンサル会社の得意分野が合っているか」です。

企業が組織変革を考える際、そのニーズや課題は多岐にわたります。組織変革コンサルティング会社は、その中でも得意分野を持っており、会計や人事などの領域から、営業戦略やアウトソーシングまで、さまざまな得意分野が存在します。

コンサルティング会社の選択に際しては、自社が直面している問題や課題と、コンサルタントの得意分野が合致しているかを確認することが重要です。

組織変革コンサルティングを選ぶ際には、自社の課題や目標を具体的に把握し、それに適した得意分野を持つコンサルタントを選ぶことが成功の鍵です。

コンサルティングファームやコンサルタントの専門性が自社のニーズと合致すれば、投資する価値があるでしょう。

予算と提案の内容が見合っているか

組織変革コンサルを選ぶ際の失敗しないためのポイント2つ目は「予算と提案内容の内容が見合っているか」です。自社の予算と適切なコンサルティング企画の調和は、慎重に検討すべきポイントです。

成功報酬型の場合、支払いは成果に基づいて発生するため、コストと成果のバランスを確認しましょう。

定額報酬型の場合は、長期的な付き合いを考えることが重要です。時間単価型の場合は、プロジェクトボリュームに応じて柔軟に調整されるため、提案内容とコストの適合性を確認することが必要となります。

コンサルタントの報酬決定方式や相場を理解し、複数の見積もりを比較検討することで、適正な予算と提案内容を評価できるでしょう。

アフターフォーローが充実しているか

組織変革コンサルを選ぶ際の失敗しないためのポイント3つ目は「アフターフォローが充実しているか」です。

組織変革コンサル会社を選ぶ際には、どのようなアフターフォローがあるのかを事前に確認する必要があります。

コンサルティングの進行状況や戦略の成果を評価し、更なる戦略や改善の必要性などを確認・報告してくれるコンサルタントは信頼性が高いと言えるでしょう。

アフターフォローが新たな組織の課題を浮き彫りにする場合もあります。組織の市場価値向上を望むなら、長期にわたり成長をサポートするアフターフォローに注力するコンサルティング会社を見つけることが肝要です。

複数のコンサル会社を比較

組織変革コンサルを選ぶ際に失敗しないためのポイントは、「できるだけ複数のコンサルティング会社を比較検討する」ことです。

特に初めてコンサルタントを選ぶ場合は、異なるコンサルタントのアプローチや提供する価値を比較することで、優れたコンサルタントを見極めることができます。

これにより、コンサルタントとの相性や専門性を評価する手助けとなるでしょう。同様に、コストやサポート体制の比較も容易になります。

オンライン相談が増えている現代では、まずは気になるコンサルティング会社を複数選び、情報収集を通じて適切な選択をすることが大切です。

組織変革コンサルを利用する際のポイント

最後に組織変革コンサルを利用する際にどのようなことに気をつけるべきなのかというポイントを説明します。

コンサル会社はあくまでも組織変革を支援する外部の組織です。
コンサル会社を使った組織変革を成功させることができるかどうかは、自社内での意識・行動も大きな要因となります。

これらのポイントを把握することでコンサル会社とのすれ違いを防ぎ、期待する結果に大きく近づくことができるでしょう。

自社の課題・目標を明確化する

自社の課題・目標を明確化することは組織変革においてコンサルティングを導入する際にとても重要です。

自社の現状を客観的に評価し、改善が必要な課題や望む目標を特定することで、変革の方向性が明確になります。

課題と目標の明確化は、コンサルティングプロセスの基盤となり、戦略の策定や実行において指針となります。

この過程で社内でのコミュニケーションが強化され、共通のビジョンが醸成されることで、組織内での理解と協力が得られるでしょう。

コンサル会社と連携しながら、プロジェクトに主体的に関与する

この記事で説明しているように、組織変革を行ううえでコンサルティング会社を活用するのは有益です。しかし、組織変革はコンサルとの緊密な連携が重要であり、過度に依存してしまう状態は好ましくありません。

まず、組織変革によってどのような会社にしたいのかのビジョンや目的をコンサルティングパートナーと共有し、方向性の誤解を避けるようにしましょう。役割分担も明確にし、自社の強みを最大限に活かすべきです。

また、情報共有を頻繁に行い、コンサルと緊密な関係を保つことも重要です。コンサルはアドバイザーですが、主導権は自社にあり、バランスを保つことが成功の鍵です。コンサルに全てを委ねず、自社のビジョンを確実に実現するために主体的に関与する姿勢が必要です。

コミュニケーションを積極的に取る

社内および社外で積極的なコミュニケーションを確保することは組織変革コンサルを活用する際にとても重要です。変革プロセスにおいて、関係者との透明なコミュニケーションは誤解や認識のずれを防ぎ、変革のスムーズな進行に貢献します。

社内では、組織のメンバーや従業員に対して変革の目的と価値を明確に伝えることが重要です。変革の背景やビジョンを共有することで、関与者の理解と協力を得ることができます。

同様に、社外とのコミュニケーションも欠かせません。コンサル会社に対しても変革の意図や目標、変革後の理想の組織像などを伝え、齟齬のないように綿密なコミュニケーションを取る必要があります。コンサルティングパートナーとのコミュニケーションを通じて、洞察や最適な戦略を共有し、組織変革の成功につなげましょう。

積極的なコミュニケーションは、組織変革において認識のずれや誤解を防ぎ、関与者の協力を得るための鍵となります。コミュニケーションを通じて共通のビジョンを構築し、組織変革を効果的に進めることが大切です。

まとめ

今回の記事では組織変革コンサルがどのような支援を提供しているのか、コンサルを使うことでどのようなメリットがあるのかなどについて説明しました。

組織変革コンサルを導入するメリット

  • 客観的な視点・アドバイスを取り入れることができる
  • 専門知識と経験を活用することができる
  • 効率的にプロジェクトを進めることができる

また、この記事では4つのコンサル会社を紹介しましたが、各会社にはそれぞれ違った得意分野・特徴があり、1つのコンサル会社がすべての企業にとって最適とは限りません

コンサル会社を導入すべきか迷っている方は本記事の「コンサル会社を使うべき企業の特徴」を、適したコンサル会社を検討している方は「組織変革コンサルを選ぶ際に失敗しないためのポイント」をぜひ参考にしてみてください。

この記事が皆さんにとっての最適な選択に少しでも役に立てると幸いです。

株式会社O:はコチームという独自の1on1・目標管理支援ツールとコンサルティングを組み合わせることによって最大の成果を出すことを得意としています。

ツールとコンサルを同時に導入することで、上司・部下間でのコミュニケーションを活性化し、組織変革の際に課題となる社内でのコミュニケーション不足による摩擦を減らし、リスクを抑えた組織根底からの改革を実現可能とします。