パフォーマンスマネジメントが学べるおすすめ本10選!専門会社が厳選した必読書集

1418
パフォーマンスマネジメントが学べるおすすめ本10選!専門会社が厳選した必読書集

パフォーマンスマネジメントとは?

パフォーマンスマネジメントとは、従業員の能力や意欲を引き出し、一人ひとりの主体的な行動を促すことを目的としたマネジメント手法です。

パフォーマンスマネジメントの概念は、1970年代にオーブリー・C・ダニエルズというコンサルタントが、”メンバーの行動を成果に結びつけるための人材マネジメント手法 “として提唱したことに始まります。

パフォーマンスマネジメントでは、上司と部下が定期的にコミュニケーションをとることによって目標達成に向けた行動を振り返り、次に何をすべきかを決定します。

上司は、部下が目標達成に向けて主体的に考え、行動できるように指導する必要があります。

社員の行動を成果に結びつけるアプローチと定期的なフィードバックにより、社員の能力、意欲、個性を引き出し、パフォーマンスの向上を目指します。

パフォーマンスマネジメントに関する詳しい解説はこちらからご覧いただけます。

本でパフォーマンスマネジメントを学ぶ理由

パフォーマンスマネジメントは実践や研究されるようになって間もない手法です。
そのため、ネット上にあるパフォーマンスマネジメントに関しての情報は不確かなものや曖昧なものが多くあります。
そんな時に役立つのが本です。

パフォーマンスマネジメントは、組織内での業績向上や成果の最大化を促進するためのマネジメント手法です。
効果的なパフォーマンスマネジメントには、目標設定評価フィードバックといった要素が含まれます。
目標設定も評価もフィードバックもそれぞれ専門性が求められる領域となりますが、実践するにはそのすべてを理解する必要があるため、パフォーマンスマネジメントを行う際は包括的な知識が必要になります。

そんなパフォーマンスマネジメントに必要な包括的な知識を提供する理想的なツールとして、本がおすすめです。
なぜなら多くの著者たちが、自身の経験や研究に基づき、最新のトレンドや実践的な手法について解説しているからです。

この記事では、パフォーマンスマネジメントに関するおすすめの本を紹介します。これらの本は、経営者、リーダー、人事担当者、チームリーダー、個人の成長を目指す方々に価値ある知識を提供してくれるでしょう。


本を読む前に読んでほしい
パフォーマンスマネジメントにおいて重要な「1on1」について、組織開発・1on1 ・評価の設計運用で 100 社以上の企業に伴走してきた弊社の知見をもとに作成した全124Pの無料資料

>>「メンバーの成長・マネジメントを最適化させるプロが実践する1on1パーフェクトガイド」を無料ダウンロード

パフォーマンスマネジメント おすすめ本一覧表

分類 本のタイトル 出版社
パフォーマンス
マネジメントの
要素を学ぶ
「エンゲージメントを高める会社」 ファーストプレス
「時代遅れの人事評価制度を刷新する」 ヒューマンバリュー
目標管理について
学ぶ
「図解 目標管理入門」 ディスカヴァー・
トゥエンティワン
『徹底的にかみくだいた「自己目標管理」
ドラッカーが本来伝えたかった目標管理』
春陽堂書店
1on1について学ぶ 「シリコンバレー式 最強の育て方」 かんき出版
「プロカウンセラーが教える 1on1コミュニケーション入門」 清談社Publico
『1 on 1ミーティング 「対話の質」が組織の強さを決める』 ダイヤモンド社
人事制度の
作り方を学ぶ
「マネジャーのための人事評価で最高のチームをつくる方法」 翔泳社
「人事の超プロが明かす評価基準」 三笠書房
ノーレイティング
について学ぶ
「人事評価はもういらない 成果主義の限界」 ファーストプレス

パフォーマンスマネジメントにおいて重要な要素を学ぶ2冊

現代のビジネス環境では、企業がイノベーションを生み出し続けるためには、経営やマネジメントのあり方に変革が求められています。

ここではパフォーマンスマネジメントにおいて重要な要素を学びたい方にとって価値あるガイドとなる、おすすめ本2冊を紹介します。

「エンゲージメントを高める会社」 | ファーストプレス

「エンゲージメントを高める会社」は、現代の人的資本経営において重要な要素であるエンゲージメントの向上に焦点を当てています。

エンゲージメントとは、従業員の会社に対する情熱や熱意を指し、パフォーマンスマネジメントにおいては、従業員のエンゲージメントが高いほど、生産性や業績が向上するとされています。

本書では、エンゲージメントの重要性を具体的な施策や実践例を通じて解説しています。
従業員の仕事への関与度を高めるためのOKR1on1マネジメント360度フィードバックなどの手法が説明されています。

この本は、エンゲージメントの重要性や向上のための具体的な手法について理解を深め、組織や個人の成果を最大化するための実践的な知識を身につけることに役立ちます。

「時代遅れの人事評価制度を刷新する 」| ヒューマンバリュー

タムラ・チャンドラーによる「時代遅れの人事評価制度を刷新する」は、現代の経営やマネジメントにおいて必要な変革を提案しています。

この著書は、予測不可能な変化が頻繁に起こる現代社会において、持続的なイノベーションを生み出すためには、経営やマネジメントのあり方自体を革新する必要があることを強調しています。

本書では、変革を推進するための具体的なステップと、組織や従業員が望むマネジメントの在り方と制度設計の整合性を取る方法が詳しく解説されています。

現代のビジネス環境において、既存の枠組みに固執せず、新しいマネジメントの視点を取り入れることは不可欠です。
この本は、マネジャーや経営者だけでなく、組織内の全ての関係者にとっても有益な情報源となるでしょう。

パフォーマンスマネジメントで使える目標管理について学ぶ2冊

パフォーマンスマネジメントは、従来の目標管理制度(MBO)とは異なり、リアルタイムでフィードバックを行い、月次目標への進捗を評価します。

従業員の能力を最大限に引き出し、成果を最大化するために、適切な目標設定、目標管理を行う必要があります。

「図解 目標管理入門」 | ディスカヴァー・トゥエンティワン

「図解 目標管理入門」は、目標管理についての理解を得ることができると同時に、困難に直面した際にどの方向に進むべきかを示してくれる心の指針となる書籍です。

本書では、目標管理の歴史や用語の意味を整理し、個人と組織の関係性について包括的に解説しています。
各章ごとにまとめられたメッセージは、マネージャー、メンバー、経営者、そして人事担当者全員に向けられており、役職にかかわらず、全ての人に有益な情報が詰まっています。

さらに、提供される目標設定ワークシートを活用することで企業の目標管理と個人の夢が結びつくイメージを醸成することができます。

本書は、仕事の目標設定に満足していない人や自分のやりたいことや目標を見つけられない人にとっても貴重な一冊となるでしょう。

『徹底的にかみくだいた「自己目標管理」ドラッカーが本来伝えたかった目標管理』 | 春陽堂書店

『徹底的にかみくだいた「自己目標管理」ドラッカーが本来伝えたかった目標管理』は、ビジネス社会において評価する側と価される側の不満や理不尽な感情の根源を明確に解説し、業績回復のための根本的なアプローチを提供しています。

著者は長年にわたるドラッカー研究の経験と知識を基に、自己目標管理の重要性を詳細に解説しています。

本書では、自己目標管理の基本ステップである「目標設定」「プロセスの管理」「結果の評価」に焦点を当て、具体的なポイントを詳細に解説しています。

この本は、ビジネスの現場だけでなく、個人の成長や人生においても重要なスキルである目標管理を解説しており、読者は本書を通じて、自己目標管理の理論と実践を習得し、より効果的に成果を上げることができるでしょう。

パフォーマンスマネジメントで成果を出すための1on1について学ぶ3冊

パフォーマンスマネジメントを成功させるためには、明確な戦略ビジョンと目標、そして従業員との質の高いコミュニケーションが必要です。

1on1アプローチでは、質の高いフィードバックコミュニケーションを通じて、部下を目標達成に向けてコーチングしていきます。

「シリコンバレー式 最強の育て方」| かんき出版

「シリコンバレー式 最強の育て方 」は、アメリカのシリコンバレーで成功を収めた経営者が提唱する、人材育成の新しい常識を紹介した一冊です。

著者は、上司と部下が1対1で話し合う「1on1ミーティング」が、効果的な人材育成に繋がると説いています。
この手法は、部下が主体的に自己評価を行い、上司がフィードバックやアドバイスを提供することで、双方がより深い理解を得られるとされています。

また、1on1ミーティングの進め方や目的、実践例の紹介にとどまらず、人材育成の基本的な考え方文化の重要性についても言及されています。

シリコンバレーで成功を収めた企業の事例や、トップクラスの経営者の意見も掲載されており、人材マネジメントの新しい常識を学ぶ上で必読の書と言えるでしょう。

「プロカウンセラーが教える 1on1コミュニケーション入門 」| 清談社Publico

「プロカウンセラーが教える 1on1コミュニケーション入門」は、1on1の実践的なスキルを学ぶための書籍で、これを読むことで職場だけでなく家庭において大きな変化をもたらすことができます。

この本の特徴は、具体的な練習のエクササイズが豊富に掲載されていることで、それに取り組むことで、1on1のスキルを自己学習で身につけることができます。

また、実践編ではビジネスやプライベートのシナリオに基づいた実践例が提供されており、さまざまな場面での1on1の活用方法を学ぶことができます。

本書は、1on1の重要性を認識し、具体的な手法を習得したい方にとって必読の一冊です。1on1のスキルを磨くことで、職場や家庭での対話や関係性が活気づくことが期待できます。

『1 on 1ミーティング 「対話の質」が組織の強さを決める 』| ダイヤモンド社

「1on1ミーティング 」は、上司と部下が1対1の対話を通じて行う1on1ミーティングの中で、上司が部下の話に傾聴する「部下のための時間」の重要性に焦点を当てています。

この書籍では、1on1の基本的な手法や理念に加えて、パナソニックや日清食品などの企業事例や専門家との対談も紹介されています。
これにより、多角的な視点から1on1の有効性と実践方法を幅広く学ぶことができます。

本書は、既に1on1を導入している企業の経営者や人事担当者だけでなく、1on1の導入を検討している企業の人事担当者や、部下の成長を重視するマネージャーにとっても必読の書となっています。
また、「ヤフーの1on1」と併せて読むことで、基礎を学んで実践に生かすことができるでしょう。

1on1完全マニュアル

●1on1を実施しているが、目に見える成果が出ていない
●メンバーのモチベーション・パフォーマンスが低い
●1on1によって離職を減らしたい

こんな方におすすめ!

組織開発・1on1 ・評価の設計運用で 100 社以上の企業に伴走してきた弊社の知見をもとに作成した全124Pにわたる「メンバーの成長・マネジメントを最適化させるプロが実践する1on1パーフェクトガイド」はこちらから無料ダウンロード!

パフォーマンスマネジメントの人事制度の作り方を学ぶ2冊

パフォーマンスマネジメントにおける人事評価では、目標の明確化やフィードバックの提供、公平な評価、目的に合わせた評価方法の選択、評価結果の活用が重要です。
これらのポイントを踏まえることによって組織や個人の成長につながる評価が実現できます。

「マネジャーのための人事評価で最高のチームをつくる方法」 | 翔泳社

「マネジャーのための人事評価で最高のチームをつくる方法」は、管理職にとっての人事評価に関する実践的なガイドであり、評価者が生き生きとしたチームを形成するための方法を紹介しています。

また、目標設定の重要性にも焦点を当てており、目標設定が成功するための方法や「SMART」などの手法を解説しています。

さらに、本書の魅力は、単に具体的なやり方を示すだけでなく、評価の在り方や管理職が持つべき考え方にも言及している点です。
評価は会社の都合を押し付けるものではなく、共に考え、同じ方向に向かって進むものであるという理念を伝えています。

現代の組織において、評価とチームの成果を高めるための手法や考え方を学びたい管理職にとって、価値ある一冊と言えます。

「人事の超プロが明かす評価基準」 | 三笠書房

三笠書房から刊行されている「人事の超プロが明かす評価基準」は、誰もが自身の働きを客観的に評価し、成長するためのヒントが詰まった一冊です。

著者である西尾太氏は人事コンサルタントとしての経験と知識を活かし、本書で階級ごとの必要な能力や目標設定について解説しています。
これを読むことで自分の成長意欲に基づき、新人から役員までの各階級で求められるスキルや考え方を学ぶことができます。

また、実践的なコンピテンシーに関する観点や評価ポイント一覧表なども掲載されており、人事担当者やマネージャーだけでなく、広範な読者層に役立つ内容です。

人事評価制度に関わる人々に限らず、職場での成果や評価に悩んでいる方にとってもこの本は視野を広げるきっかけとなることでしょう。


人事制度に明るい人がいなくても効果を出す人事制度の設計マニュアル!
●負担を抑えつつ効果を出す人事評価制度の制度設計・運用方法
●人事専任の社員がいなくても成果につなげられる人事評価の制度設計方法
●被評価者の評価結果への納得、その後の成長を促す人事評価の運用方法

が全てわかる!

>>『人事評価のプロが教える「成果と満足度を両立させる評価」の制度設計・運用ガイドブック』を無料ダウンロード!

パフォーマンスマネジメントで使えるノーレイティングについて学ぶ1冊

近年では「ノーレイティング(No Rating)」というアプローチが注目を集めています。
ノーレイティングは、従来の定量的な評価やランキングを廃止し、より柔軟な評価やフィードバックの手法を採用するアプローチです。

ノーレイティングのアプローチは、個々の従業員の能力やパフォーマンスを総合的かつ公正な方法で評価するために重要な手法です。
また、従業員のエンゲージメントやモチベーションの向上にもつながります。

組織がパフォーマンスマネジメントで導入する際には、ノーレイティングのアプローチを検討してみる価値があります。

「人事評価はもういらない 成果主義の限界」 | ファーストプレス

「人事評価はもう必要ない 成果主義人事の限界」では、ピープルマネジメントの重要性が探求されています。

本書は、従来の企業中心の目標管理や成果主義的な評価制度に疑問を投げかけながら、個人起点の目標管理人材育成の価値を強調しています。
著者は、個人が自身の役割を認識し、自らの目標を設定し、その進捗を評価するアプローチを提案しています。

さらに、評価の頻度や方法についても考察し、定期的な進捗評価の重要性を強調しています。

この本は、従来の人事評価制度に疑問を抱く人々にとって、魅力的な一冊となっています。ピープルマネジメントの視点から組織の成長力を向上させるための新たなアプローチを模索する方々にとって、洞察に富んだ情報を提供してくれるでしょう。

まとめ

今回の記事ではパフォーマンスマネジメントについての理解を深め、運用するときに役に立つ本10冊を紹介しました。

今回紹介した書籍には、目標設定、評価、フィードバック、1on1といったパフォーマンスマネジメントにおいて重要な要素についての具体的な手法や実践的なアプローチが示されています。
これらの知識を自らの組織やチームに適用し、実際の業務に活かすことで、成果やパフォーマンスを最大化することができます。

しかし、パフォーマンスマネジメントは継続的なプロセスであり、常に改善と進化を追求する必要があります。
書籍に示されたアイデアや事例を基にしながら、自身の組織の特性やニーズに合わせた独自のアプローチを開発することも重要です。

したがって、本を読んで学習するだけでなく、学んだ知識を実践に移し、行動を起こす必要があります。自身のリーダーシップや組織のパフォーマンスを向上させるために、ぜひ書籍から得た知識を具体的な行動に結びつけてください。