1on1の定着/質の向上

「本来の目的」を達成できる 1on1ミーティングの普及

1on1ミーティングは、上司と部下の1対1の対話という特性上、運用がブラックボックス化しがちで、課題特定や改善のPDCAが困難です。 Co:TEAMは、組織における1on1ミーティングの「量」と「質」を可視化する事で、リモートワーク下における評価材料の収集やエンゲージメントの向上などの1on1の導入目的達成をサポートします。
「本来の目的」を達成できる1on1ミーティングの普及
星野 雄一 氏

Co:TEAMは、1on1に不慣れなマネージャーに対して、 自然と会話のきっかけを提供してくれるところが 有用だと感じました。

星野 雄一 氏
iBRIDGE 代表 / INDEE Japan
大手製造業を経て、IT企業で業務改革コンサルに従事後、コンサルファームにて大手製造業の人材育成・組織開発や開発効率化を支援。最年少で経営幹部になり、コンサル事業責任者と新規事業責任者を歴任し、業績向上とマネージャー輩出に貢献。 コーチング/コンサルティング手法を融合させた経験学習型の人材育成アプローチを確立し、各社で展開。その後、ITベンチャー企業の役員を経た後、人材・組織開発を支援する株式会社iBRIDGEを設立、現在に至る。

1on1ミーティングのよくある課題

上司と部下の1対1の対話であるがゆえに運用がブラックボックス化し、課題が特定できず、改善のPDCAが回せない
  • 1
    実施状況が分からない

    実施状況が分からない

    組織内の1on1の量と質の両方が可視化されておらず、運用上の課題や場所が特定できない
  • 2
    上司毎の質のバラつきが大きい

    上司毎の質のバラつきが大きい

    キャリアや精神面の支援など、多様なテーマで1on1を行い、部下のエンゲージメントを高めてほしいが、実態は出来ていない
  • 3
    評価に活用できていない

    評価に活用できていない

    1on1の内容は、期末の人事評価やフィードバック面談の材料として活用したいが、定期的に記録する習慣が根付いてない

「可視化」「型化」により再現性のある1on1を

Co:TEAMの導入により、現場の1on1運用負荷を削減。 経営・人事からの改善アプローチも容易になり、1on1を組織に確実に浸透させます。
  • 1

    1on1ミーティングの実施状況を集計・可視化

    部門・管理職・部下毎に1on1の実施頻度や選択テーマを集計・可視化します。1on1の頻度が少ない、もしくは、偏りのあるテーマ選択をしている属性を特定し、1on1の運用改善PDCAが回ります。
    1on1ミーティングの実施状況を集計・可視化
  • 2

    テンプレート&レコメンド機能で1on1の品質を底上げ

    会社・組織にとって重要な話題を自動的にレコメンド。1on1のアジェンダのバラつきを減らし、管理職やマネージャーによって生じやすい1on1の対話の質を標準化します。
    テンプレート&レコメンド機能で1on1の品質を底上げ
  • 3

    メモ&アラート機能で評価材料を効率的に収集

    キャリア目標や業績などテーマ別に対話内容や記録し、評価材料の収集を効率化。公開権限もデフォルトで設定されるため細かい調整は不要。 また、チャットツールと連携する事で、記録漏れ通知を行い、対話記録の習慣化をしっかりサポート。
    メモ&アラート機能で評価材料を効率的に収集

現在の1on1の導入状況を問わず、 課題や状況に合わせてご利用可能です

ツールの導入から運用まで組織改善に伴走

ツールの利活用だけでなく、組織のフェーズや課題に応じた解決策を提示し、
「パフォーマンスの高い組織づくり」をサポート
パートナー 須貝 裕保 氏 / 星野 雄一 氏パートナー 須貝 裕保 氏 / 星野 雄一 氏
  • 導入・運用支援 & CSサポート

    導入目的・ゴールから逆算し、専任カスタマーサクセスが制度設計・運用で伴走。運用開始後もチャットやメールで定期サポート。
  • 経験豊富なパートナーとの連携

    評価設定/運用・1on1・目標管理について、導入規模や課題に応じた、豊富な経験を持つパートナーと連携してソリューションを提供。

制度自体の導入・見直しの場合は、 コンサルティングにより万全な支援を提供

※ 研修や成果物を支援内容に含む場合は、ツール利用料金に加えて別途お見積りとなります。
1on1ミーティング導入の論点 弊社支援内容
検討
  • 1on1のメリットや注意点について経営・人事・マネージャーが理解しているか?
  • 導入背景・目的・導入後の理想の状態が定義されているか?
  • 上記について経営・人事・マネージャーが理解・合意しているか?
  • 1on1企画ワークショップの運営
設計
  • 最低実施頻度やコミュニケーション指針は定義されているか?
  • 定形アジェンダや議事録を管理するフォーマットを作成しているか?
  • 実施状況が経営・人事でモニタリング出来るインフラを整備しているか?
  • 1on1運用ガイドラインの作成
運用
  • マネージャーに対して、トレーニングや研修を実施しているか?
  • 全社に対して、1on1の導入背景・目的・導入後の理想の状態を周知しているか?
  • 月1回以上の頻度で業績及び成長目標の進捗や現状の評価を振り返っているか?
  • 管理職向け1on1研修の実施
  • 1on1全体周知資料の作成
改善
  • ガイドラインで示した頻度やアジェンダで1on1が行われているか?
  • 導入目的に叶った対話が上司と部下の間で行われているか?
  • 改善に注力すべき部署・上司はどこか?運用上の課題と採るべき解決策は何か?
  • 1on1運用改善コンサルティング
  • 管理職向けの追加トレーニング もしくは個別相談会の実施

デモ/無料体験についてお気軽にお問い合わせください。 最少2名からトライアル利用が可能です。

※ 1on1の導入や運用改善に関する相談は「お問い合わせ」よりお願いいたします。
1on1や目標管理のデータから、納得感の高い人事評価を可能にするコチーム資料DL