S級マネジメント成果を出すチームをつくる
マネジメント・育成につながる情報をご紹介

マネジメントツールおすすめ比較10選|プロジェクト管理や組織運営を効率化

40

近年では、働き方や価値観の多様化により、マネジメントの難易度が上がっています

例えばインターネットの普及によるZ世代の出現や、テレワークの普及など、さまざまな要因により、人材マネジメントの方法は複雑化しています。

しかし、組織の成果をあげるには、チームのメンバーのマネジメントをいかに効果的に行えるのかが重要になるでしょう。

マネジメントが複雑化している現代だからこそ、ツールを活用し効果的なマネジメントを行いましょう。

本記事ではマネジメントツールの選ぶポイントやおすすめのツールを解説します。

マネジメントツールとは

マネジメントツールとは、プロジェクト管理やメンバーのケアをする上で、より効率的かつ効果的に進めることのできる手段です。

マネジメントとは、チームの目標達成するために行われるもので、プロジェクト管理と人材マネジメントの2つがあります。

マネージャーや管理職の方は、プロジェクト管理とチームメンバーのマネジメントどちらもできていることが、チームの生産性を高める上で重要です。

リモートワークにより、メンバーの勤務状況が把握しにくくなったことで、ツールを活用したマネジメントに注目が集まっています。

「チームメンバーのマネジメントやフォローのタイミングが掴めない」
「なかなか目標達成に近づかない」

上記のような悩みを持つマネージャーや管理職の方々は、マネジメントツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

マネジメントツール導入の意味・メリット

マネジメントにツールを活用することで以下のメリットがあります。

  1. プロジェクトの進捗状況を可視化できる
  2. チームメンバーと情報共有できる
  3. コミュニケーションが最適化される

本パートでは、上記のマネジメントツールを活用するメリットについて解説します。

マネジメントツールの導入を検討している方は是非参考にしてみてください。

1)プロジェクトの進捗状況を可視化できる

マネジメントツールを導入するメリット1つ目は、プロジェクトの進捗状況を可視化できることです。

プロジェクトやタスクの管理をツール上で行うことにより、プロジェクトの進捗状況をチームメンバーに共有することが可能です。

それにより、マネージャーは納期や期日を意識して、タスクの割り振りやメンバーへのフォローができます。

2)チームメンバーと情報共有できる

マネジメントツールを導入するメリット2つ目は、チームメンバーと情報共有できることです。

マネジメントツールを活用することで、それぞれの業務状況やタスクの進捗状況がチームに共有されます。

従来型の報・連・相であると、部下→上司→その上司と現場から上に伝わるのに時間がかかってしまいます。

さらに、伝達の過程で異なる情報が共有されてしまう恐れもあります。

マネジメントツールを活用することで、チームメンバーによりスムーズな情報共有が可能になり、チームの生産性を高めることができるでしょう。

3)コミュニケーションが最適化される

マネジメントツールを導入するメリット3つ目は、チームメンバーのコミュニケーションが最適化されることです。

マネジメントツールの活用で、個々のタスクやプロジェクトの進捗状況が可視化されます。

それにより今どこまで進んでいる?」「誰が担当している?」といった再確認のコミュニケーションなくすことができます

また、ツールで部下に業務の振り返りをしてもらうことで、「部下が仕事のどこに難しさを感じ悩んでいるのか」といった心理的な背景を可視化することもできます。

それにより、マネージャーの方は適切なタイミングで部下へのフィードバックやフォローができるようになるでしょう。

世の中には多くのマネジメントツールがあります。マネジメントツールを導入する目的をあらかじめ明らかにした上で、ツール選びをしましょう。

マネジメントツールを選ぶポイント

マネジメントツールを選ぶポイントは以下の通りです。

  1. 自社が求める機能があるか
  2. 操作が複雑でないか
  3. 他のアプリと連携できるか
  4. コストが目的に見合っているか
  5. メンバーの定性情報が把握できるか

本パートでは、上記のマネジメントツールを選ぶポイントを解説します。

1)自社が求める機能があるか

マネジメントツールを選ぶポイント1つ目は、自社が求める機能があるかどうかです。

マネジメントツール1つとってもその機能は多岐にわたります。

プロジェクトの進捗状況のみを可視化するものもあれば、部下の体調やモチベショーンを可視化するものまでさまざまです。

マネジメントツールを導入することでどのような課題を解決したいのかを明らかにし、ツールを選びましょう。

2)操作が複雑でないか

マネジメントツールを選ぶポイント2つ目は、ツールの操作が複雑でないことです。

マネジメントを効率化するためにツールが活用できますが、ツールそのものの操作に時間を割いてしまっては業務時間を無駄にしてしまいます。

ツールを選ぶ際は、社員のITリテラシーに応じた複雑な操作でないものを選択しましょう。

3)他のアプリと連携できるか

マネジメントツールを選ぶポイント3つ目は、他のアプリやサービスと連携できるかどうかです。

Googleカレンダーでのタスク管理やチャットツールなど、すでに使っているアプリがある方も多いのではないでしょうか?

マネジメントツールの中には、他のアプリやサービスと連携できる機能を備えているものも多くあります。

社員が使い慣れている既存のアプリやツールをより活用できるものを選びましょう。

4)コストが目的に見合っているか

マネジメントツールを選ぶポイント4つ目は、コストが目的に見合っているかどうかです。

マネジメントツールは、サービスや機能によって値段が変化しますが、全社的にツールを導入するとなれば、それなりのコストが発生します。

マネジメントツールに大幅なコストがかかったのにもかかわらず、目的が達成されなければ、ツール導入の意味がありません。

ツールを選ぶ際は、目的と照らし合わせて適切な機能を持つツールを選択しましょう

5)メンバーの定性情報が把握できるか

マネジメントツールを選ぶポイント5つ目は、チームメンバーの定性情報を把握できるかどうかです。

マネージャーはメンバーの心理的ケアを行うのも仕事の1つです。

チームの目標達成のために、プロジェクト全体の管理だけでなく、メンバーの定性情報も把握し、フィードバックやフォローをすることが重要です。

メンバーが仕事に悩みを抱え、モチベーションが下がっていては生産性の高いパフォーマンスを発揮できません。

ツールを選ぶ際は、チームメンバーの定性情報が把握できるものを選択しましょう。

人材マネジメントツールおすすめ5選

人材マネジメントは、マネージャーの重要な仕事の1つです。ここでは、チームメンバーの

定性情報を管理し、人材マネジメントを支援するツールを紹介します。

  1. Co:TEAM
  2. Wistant
  3. gamba!
  4. MotifyHR
  5. TUNAG

現在、タスクやプロジェクト管理のみのツールを導入している方は「人材マネジメント管理」のツール導入も検討されてみてはいかがでしょうか?

チームメンバーへ適切なフォローができれば、メンバーのモチベーションは向上し、結果としてチームの目標達成に近づくことができるでしょう。

1)Co:TEAM

Co:TEAMは、株式会社O:(オー)によって運営されている「日報・タスク管理・目標管理」の3つの機能を1つにまとめたマネジメント支援ツールです。

Co:TEAMの特徴

Co:TEAMの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • マネージャーとメンバーでタスクの優先度と重要度の認識を統一できる
  • 日報機能で、目標と紐付けたメンバーの振り返りを促進する
  • リモートワークでのコミュニケーション不足も軽減され、リーダーのマネジメントの意識や質が向上する
  • 定性情報も可視化されるため、チームメンバーが新入社員をフォローしやすくなる 

Co:TEAMが向いている方

Co:TEAMでは、タスク進捗状況に対するメンバーの振り返りを促進できるため、メンバーが「何を難しいと感じ悩んでいるのか」が明らかになります。

そのため、チームメンバー皆へのフォローを適切なタイミングで行い、最適なマネジメントや育成ができるようになりたい方やメンバーと仕事への認識を揃えて働きたい方におすすめです。

料金

Co:TEAMの料金プランは以下の通りです。また、アカウント使用量とは別で「システム利用料」が全プラン月額9,800円となっています。

基本プラン1ユーザーあたり月額980円
1on1支援プラン1ユーザーあたり月額1,180円
工数可視化プラン1ユーザーあたり月額1,280円
フル機能プラン1ユーザーあたり月額1,480円

2)Wistant

Wistantは、RELATIONS株式会社によって運営されている組織のパフォーマンスを最大化するマネジメントツールです。

主な機能としては、1on1ミーティング、目標管理、フィードバック機能などがあります。

Wistantの特徴

Wistantの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • マネージャー向けにメンバーの状態が可視化された分析結果が共有される
  • 日常的にフィードバックが可能になり、1on1の運用が楽になる
  • スケジュールや1on1の内容など自分自身の状況を可視化できる

Wistantが向いている方

Wistantでは、メンバーへの日常的なフィードバックを促進します。

そのため、チームメンバーのフォローを手厚くしたい方や、1on1を効果的に運用していきたい方におすすめです。

料金

Wistantの料金形態は以下の通りです。

ベーシックプラン月額980円+初期費用
オプションプランお問い合わせ後見積もり

3)gamba!

gamba!は、株式会社gambaによって運営されている社内SNS型アプリです。

日報機能をメインとし、KPIによる目標管理機能やチャット機能があります。

gamba!の特徴

gamba!の特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • SNS感覚で日報が気軽に入力できる
  • テンプレート付きの日報で社員の振り返りを促進できる
  • 目標管理機能との連携で、モチベーションアップできる

gamba!が向いている方

gamba!では、チームメンバーが日報を気軽に継続することができます。そのため、社員の振り返りを促進し、目標達成に近づきたい方におすすめです。

料金形態

gamba!の料金形態は以下の通りです。

月額プラン1ユーザーあたり月額980円
年間割引プラン1ユーザーあたり年間9,800円

4)MotifyHR

MotifyHRは、株式会社アックスコンサルティングが運営する従業員エンゲージメントを高めるためのプラットフォームです。

オンボーディングのサポート機能や1on1、OKR、エンゲージメントサーベイに対応した機能があります。

MotifyHRの特徴

MotifyHRの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • メンバーが優先順位をつけてコミュニケーションをとれる
  • 新入社員のフォローにかける時間が減り、コストを削減できる
  • 管理者は数値化したチームメンバーの状況を一元管理できる

MotifyHRが向いている方

MotifyHRでは、従業員エンゲージメント向上のため1on1やオンボーディングなどのサポート機能が充実しています。

そのため、新入社員のフォローを手厚く行いたい方や従業員エンゲージメントを向上させたい方におすすめです。

料金形態

MotifyHRの料金形態は以下の通りです。

初期費用30,0000円〜
スタンダードプラン(5つの基本機能)1ユーザーあたり月額400円
エンゲージメントプラン(スタンダード + エンゲージメント機能)(スタンダードプランに加え)1ユーザーあたり月額 +400円
オンボーディングプラン(スタンダード + オンボーディング機能)(スタンダードプランに加え)1ユーザーあたり月額 +400円
OKR・1on1プラン(スタンダード + OKR・1on1機能)(スタンダードプランに加え)1ユーザーあたり月額 +400円
プレミアムプラン(全ての機能)1ユーザーあたり月額1000円

5)TUNAG

TUNAGは、株式会社スタメンが運営するチームメンバー情報を可視化・共有できるツールです。

具体的には、メンバーについて知るプロフィール機能/メンバーの今について知るタイムライン機能/会社の文化や方針を知る社内制度があります。

TUNAGの特徴

TUNAGの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • メンバーが会社のことや他のメンバーについて理解を深め”知らない”状態を脱する
  • 100社100とおりの社内制度を設計可能

TUNAGが向いている方

TUNAGでは、普段仕事を共にするだけではわからないチームメンバーの人柄について知ることができます。

そのため、チームメンバーがより互いのことを理解し、信頼しあってほしいと考えている方におすすめです。

料金形態

TUNAGの初期費用と月額費用がかかります。なお、詳しい料金はお問い合わせとなっています。

プロジェクト管理ツールおすすめ5選

マネージャーはチームの目標達成のために、プロジェクトやタスクを管理する必要があります。チームメンバーのタスク状況を可視化するためにおすすめのツールは以下の通りです。

  1. Trello
  2. Asana
  3. backlog
  4. kintone
  5. clarizen

ここでは、上記のツールについて詳しく解説します。

1)Trello

Trelloは、アトラシアン株式会社によって運営されるタスク管理ツールです。

チームで一つのボードを共有し、タスクのカードを進捗状態に応じて移動させることでタスクを管理します。

Trelloの特徴

Trelloの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • カードでのタスク管理が簡単なため、メンバー内でのタスク共有が楽
  • コンテンツを作成する場合の企画から管理をするためのツールとして利便性が高い
  • プロジェクトの大きな流れを視覚的に把握できるようになる

Trelloが向いている方

Trelloは、複数人のタスクと進捗を一元管理できます。また、使いやすいシンプルなデザインであることから、新入社員でも使いこなせるでしょう。

そのため、タスクの締め切りや納期の漏れがないように徹底したい方や新入社員のタスク進捗状況を可視化したい方におすすめです。

料金形態

Trelloの彫金形態は以下の通りです。

Free(個人向け)無料
Business Class(100名まで)1ユーザーあたり月額9.99ドル
Enterprise(大企業向け)1ユーザーあたり月額20.83ドル

2)Asana

Asanaは、Asana Japan 株式会社によって運営されるタスクや進捗状況の管理を行うツールです。

タスクやプロジェクト管理が、ガントチャートとかんばん方式のどちらにも切り替えて自由に見られるため、用途に応じて変更することができます。

Asanaの特徴

Asanaの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • 新入社員が取り組んでいる業務がチームメンバーに共有されるため、チームでのフォローが行いやすくなる
  • チームメンバーがプロジェクトの全体像を把握しやすくなる
  • 個人のタスクを共有すると、チームメンバー内でタスクの進捗状況が共有される

Asanaが向いている方

Asanaは、プロジェクトの進捗状況や個人のタスクがメンバーに共有されるため、新入社員でもプロジェクトの全体像を把握しやすくなります。

そのため、新入社員に業務の全体像を早く掴んで欲しい方やチームで仕事に取り組む意識を高めたい方におすすめです。

料金形態

Asanaの料金形態は以下の通りです。

Basicプラン無料
Premiunプラン1ユーザーあたり月額1,200円(年間契約の場合)
1ユーザーあたり月学1,400円(月間契約の場合)
Businessプラン1ユーザーあたり月額2,700円(年間契約の場合)
1ユーザーあたり月額3,000円(月間契約の場合)
Enterpriseお問い合わせ

3)backlog

backlogは株式会社ヌーラボが運営するチームのプロシェクト・タスク管理ツールです。

プロジェクト計画をガントチャートで可視化できます。さらに、会議の議事録や個人的なメモを残して共有することも可能です。

backlogの特徴

backlogの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • PCだけでなくスマホアプリからも気軽に確認できる
  • 管理ツールに苦手意識を持つ人でも使いやすいデザイン
  • 会議に参加できなくても、議事録で内容を把握することができる

backlogが向いている方

backlogでは、プロジェクト像だけでなく、細かな作業記録や会議記録を残すことも可能です。

そのため、プロジェクトの全体像を可視化し、効率的に作業を進めたい方におすすめです。

料金形態

backlogの料金形態は以下の通りです。

フリープラン月額0円10人まで 
100MB(個人のタスク管理に)
スタータープラン月額2,640円30人まで 
1GB
スタンダードプラン月額12,980円無制限 
30GB(小チームのプロジェクトに)
プレミアムプラン月額21,789円無制限 
100GB
(社外の人を含めたプロジェクト管理)
プラチナプラン月額55,000円無制限 
300GB(よりセキュリティを強化)

4)kintone

kintoneは、サイボウズ株式会社によって運営される業務改善プラットフォームです。

基本機能は、自社に合わせたアプリの設計・追加です。

アプリは日報アプリ、タスク管理、案件管理などさまざまであり、チームに合わせて設計できます。さらに、アプリに蓄積したデータは集計・分析することも可能です。

kintoneの特徴

kintoneの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • 自社の業務やチームに合わせてアプリを作成できる
  • アプリの運営から手厚いサポートを受けることができる
  • 顧客情報などの膨大なデータを一括管理できる

kintoneが向いている方

kintoneは、多種多様なアプリを自由に選択し設計することが可能です。

そのためチームに応じて異なる機能が必要な組織におすすめです。

料金形態

kintoneの料金形態は以下の通りです。

ライトコースユーザーあたり月額780円
スタンダートコース1ユーザーあたり月額1,500円

スタンダートコースでは、アプリが1000個まで選べ、500個までのスペースを管理できます。

さらに、外部サービスとの連携や拡張機能を用いることも可能となります。

5)clarizen

clarizenは、株式会社デリバリーコンサルティングが運営するクラウド型のプロジェクト管理ツールです。

clarizenは、プロジェクトの進捗状況や予算のステータスをリアルタイムで表示することができます。

また、クラウド型であるため、アプリケーションをダウンロードする必要がなく気軽に始めることができます。

clarizenの特徴

clarizenの特徴や導入するメリットは以下の通りです。

  • 導入のための複雑な設定が必要ない
  • プロジェクト全体の進捗状況とリソースを可視化できる
  • レポートのカスタマイズ性が高く、個々の役割や状況に合わせて管理できる

clarizenが向いている方

clarizenは、導入にあたっての複雑な設定やアプリのインストールが必要なく、誰でも容易に始めることができます。

また、プロジェクトの進捗状況だけでなく予算といったリソース管理もできます。

そのため、短期間で複数のプロジェクトを同時並行で進めている方におすすめです。

料金形態

clarizenの料金形態は以下の通りです。

初期費用0円
エンタープライズ版1ユーザーあたり月額6,600円
アンリミテッド版 1ユーザーあたり月額8,800円

【プロジェクト管理・人材マネジメントを実現】Co:TEAMの紹介

Co:TEAMでは、目標達成に向けたプロジェクト管理と、人材管理の2つの側面からマネジメントをサポートします。

プロジェクトやタスク管理機能だけでは、

「なぜプロジェクトの進捗が遅れているのか」「従業員はモチベーション高く取り組めているのか」を把握できません。

従業員のモチベーションや仕事への取り組み姿勢を知ることで、プロジェクトの進捗状況や管理に役立てることができるでしょう。

そのため、プロジェクト管理と人材管理のどちらも実現するCo:TEAMはマネジメントツールとしておすすめです。

より詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

まとめ

マネージャーはチームの目標達成に向けて、プロジェクト管理と人材管理の2つをマネジメントしていかなくてはなりません。

マネジメントのツールを選ぶ際は、プロジェクトやタスクの進捗状況だけでなく、チームメンバーの心理状態を把握できるかも重要です。

チームメンバーが自身の仕事を振り返り、改善していくことで結果としてチームの生産性を高めることにつながるでしょう。