S級マネジメント成果を出すチームをつくる
マネジメント・育成につながる情報をご紹介

自身のリーダーシップのスタイルを特定する方法とは?重要な理由と3つの手法

288

リーダーシップは「目標達成へグループを導く能力」と定義されます。

そしてリーダーシップにはいくつかの型、つまりリーダーとしてのスタイルがあるのです。

人間が常に変化するように、リーダーシップスタイルも時間とともに変化するものであり、過去の経験や本人の性格に大きく影響されます。

リーダーシップに関する学術的研究は1970 年代初頭に普及しました。

それ以来、リーダーシップ研究が発展する中で、様々な企業や研究機関が、リーダーシップのスタイルを判別する評価方法を編み出してきました。

しかし、リーダーシップに関する数ある手法は、確固たるものではなく、あくまで手段のひとつに過ぎません。

ひとつ言えることは、自分のリーダーシップ スタイルを知り、理解することで、より強力なリーダーシップを発揮できるようになるということです。

本記事では、自身のリーダーシップのスタイルを知ることが重要である理由と、リーダーシップのスタイルを特定する方法を紹介します。

リーダーシップを知るために、自身の強みを理解する

自身のリーダーシップのスタイルを知ることはすなわち自分の強みと弱みを知ることです。

自身の強みと弱みを知ることは職場でのあなたの行動や決定が他の人にどんな影響を及ぼすか知ることにも繋がります。

職場での他者との関わり方を意識することで、リーダーとしてより慎重な決定を下し、成長と成功の機会を得ることができるのです。

プレッシャーのかかる意思決定の場面に直面し、少ない選択肢の中で受動的に意思決定を下している人は、成長の少ないありきたりな対応をしてしまう傾向があります。

しかし、自分自身のリーダーシップのスタイルを意識することで、新たな選択肢が現れるのです。

積極的な意識改善は、行動を変える強力なツールであるとも言えるでしょう。

また、他者からの客観的な意見なしに自己認識することは難しいことが常ですが、自身のリーダーシップのスタイルについて学ぶことは、他の人があなたの行動をどのように評価しているかを理解することにも役に立つのです。

それは多くの誤解や行き違いの防止につながり、効果的かつ強力なリーダーシップの発揮が可能となります。

あなたのリーダーシップのスタイルを深く理解することで、あなたが他の人に与えている影響や、彼らがあなたをリーダーとしてどのように思っているかを理解することにもつながります。

自身のリーダーシップスタイルを特定する3つの方法 

残念ながら自分のリーダーシップのスタイルを見つけるための「正しい方法」はありません。

伝統的な評価を支持してる専門家もいますし、自身の編み出した検査の方が優れていると主張する専門家もいます。

したがって、本パートではリーダーシップのスタイルを特定する一般的な3つの方法を紹介します。 

1)テストまたは診断を受ける

企業で働いたことがある人なら、おそらく何らかの形で人格評価やリーダー適正のテストを受けたことがあるでしょう。

これらのテストは、肯定主義や自由主義、または革新主義といったの特定の「タイプ」のリーダーとして分類します。

しかし、さまざまなテストや診断があるため、受けるテストによっての結果のばらつきが見られます。

このようなリーダーシップのスタイルの評価方式は、長所の発見のに役立ちます。

したがって、それらの強みを伸ばすことでより効率的に組織をリードすることができるのです。

さらに、このタイプ別のリーダーシップスタイルの評価は、短所を認識するのにも役立ちます。

つまり、自分の盲点を知ることができ、あなたやあなたの組織に対する外部からの評価があまり好意的ではない場合においても役に立つのです。

2) 自分に似ている人を探す

リーダーシップスタイルを特定するというのは、「あなたはこうです」と言われた結果を受け止めるだけでは意味がありません。

それを踏まえてあなたがなりたいと思うリーダーの特性やスキルを反映し、それらを実行するために努力することで、あなた自身ののリーダーシップスタイルを確立することができるのです。

私たちは一人で働いているわけではありません。

あなたの周りのうまくやっているリーダーをを観察することで、貴重な情報を得られます。

そして、あなた自身、彼らと同じスキルを培うことができるのです。

こういったスタイルの特定のプロセスは、観察、反省、そして行動が伴いため、時間を確保し、自分の価値観を理解し、リーダーとしてどのようになりたいかを考えることが重要です。

3)外部に意見を求める

まず、あなたのリーダーとしてのパフォーマンスについてチームメンバーに直接意見を求めることは、お勧めしません。

あなたが管理者としての立場がある場合、直属の部下があなたのことをどう思っているかを率直に伝えることに抵抗を覚える場合があります。

しかし、外部からの意見は、あなたのリーダーシップ スタイルの成長に大きく役立ちます。

リーダーシップは単独で存在するものではありません。組織の人があなたをどのように認識しているかなど、様々な要因が相互に結び付き合っているのです。

周囲の人に、あなたをリーダーとしてどう思っているか聞くのはいつでもかまいません。

匿名でチームメンバーからあなたをリーダーとしてをどう思うか、決断力があると感じているかなどについてフィードバックを得ることも有効でしょう。

パフォーマンスの評価は、チームがリーダーのスタイルやパフォーマンスをどのように感じているかを知る絶好の機会です。周囲の人にあなたのリーダーシップのスタイルやパフォーマンスについて意見を聞いたときに、浮き彫りになる特徴は貴重なので、その情報を存分に活用しましょう。

自分が成長するための重要な礎になります。

真のリーダーは、自分の組織、選んだ分野、そして自分自身について学ぶ機会を逃しません。

自分のリーダーシップのスタイルを特定するにはエネルギーと主体性が必要ですが、その行動によって自己認識が高まり、チームや人々をリードする能力が開花します。

まとめ

リーダーシップのスタイルに関する自己理解を深める事によって、マネージャーとしての自身のレベルを一段階押し上げる事が可能です。

一方で、リーダーシップ開発の取り組みは、測定だけでは完結するものではなく、具体的な行動・意識・姿勢の改善や修正を伴うものとなります。

まずは、第一歩として、記事中で示した3つの方法に基づいて、自身のリーダーシップスタイルの方向性や特性を理解する事から始めてみましょう。